いずれすべての「Galaxy」も?「Galaxy F」はスマホの未来を反映した機種になるかもって話。

先日の情報からも、Samsungは「2月20日」にアンパックイベントを開催することを正式にアナウンスしており、「Galaxy S10」シリーズ、3モデルを正式に発表すると予測されていますが、同時に2つの会場でイベントが開催される可能性が高く、片方のイベント会場では「折りたたみ式」を採用した「Galaxy F」が正式に発表される可能性が高いと予測されています。詳細は「Samsungは2月20日に同時に2つのイベントを開催に?「Galaxy F」とGalaxy S10」の特別モデルがそれぞれ発表に?って話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、次期「Galaxy F」は「100万台」以上生産される可能性が高いことからも、グローバル展開になる可能性が高いと予測されている一方で、その発売時期に関しては判然としない状況となっていますが、少なくとも2019年の上半期に登場することはほぼ確定しています。詳細は「2019年9月までには発売開始に。折りたたみ式を採用した「Galaxy F」の発表への準備が着々と進行って話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、Samsungは「Galaxy F」が今後同社の主力になること。そして未来のスマートフォンになると発言していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


スマホの未来の姿。

さて昨年末には先行した発表される可能性が高いと予測されていた「Galaxy F」ですが、実際には年末に開催された開発者会議では、プロトタイプを公開するのみで、実際に発表されることはありませんでしたが、いよいよ来月に正式に発表される可能性が高いと考えることができます。

そして今回の情報によると、Samsungは「折りたたみ式」を採用した機種について以下のようなコメントをしています。

We expect to see a sea change in the smartphone form factor in the coming years. From rollable and stretchable devices to the devices that can fold in multiple ways are no longer beyond the realms of reality. Samsung is ready to usher in this future and create meaningful experiences for consumers that help them do more of what they love

少なくとも今後数年間で、スマートフォンのあり方は大きく変化する可能性がある。そして「折りたたみ式」は「スマートフォン」の未来を反映させたものであるとしています。先日の情報から、「Galaxy F」はシリーズ化する可能性が高く、その影響を受けて「Galaxy S」と「Galaxy Note」が統合される可能性が高いと予測されています。

このことからも、Samsungは「折りたたみ式」を採用した機種の拡充を本格的に進めていく可能性が高いと考えることができます。正直Samsungがいうような「折りたたみ式」の利便性は判然としませんが、少なくとも、「Galaxy F」を使ってみれば分かるのかもしれませんね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!