• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 「Xperia XZ1」より高くて超激レアな存在。「Xperia Z5 premium」が「Etoren 」で販売開始って話。

「Xperia XZ1」より高くて超激レアな存在。「Xperia Z5 premium」が「Etoren 」で販売開始って話。

日本では販売実績がイマイチとなった「Xperia XZ2 premium」ですが、昨年末の価格改定によって、大幅な値引き対象機種となっており、執筆時点で唯一「Xperia」で「デュアルレンズカメラ」を搭載している機種となっていることからも、非常にお買い得なっている反面、やはりグローバルモデルとして「超地域限定」モデルにしたことが失敗だったと考えることができます。詳細は「さらなる価格改定に。「Xperia XZ2」や「Xperia XZ2 premium」がドコモオンラインショップで大幅値引きにって話。」をご参照下さい。

一方で、昨年の11月より、いよいよ国内で販売を開始した「Xperia XZ3」ですが、国内はもちろん海外を含めて非常に反響が大きかった「Xperia XZ premium」以来となる、予約時点で一部本体カラーが欠品し、さらに販売開始直後も欠品を起こすなど「Xperia XZ3」が着実な人気を獲得していることが判明しています。詳細は「売れ行きは非常に順調な可能性も。ドコモオンラインショップでまた「Xperia XZ3」が完売したって話。」をご参照下さい。

さて今回海外のSIMフリースマートフォンを専門に扱うEtorenにおいて、今更ですが「Xperia Z5 premium」の在庫が復活していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


在庫がまさかの復活。

さて今回海外のSIMフリースマートフォンを専門に扱う「Etoren」において、「Xperia Z5 premium」の在庫が復活していることが判明しました。しかも「ゴールド」モデルです。グローバルモデルのみでしか存在していないカラーとなっているため、非常に希少価値が高く、さらに「Xperia Z5 premium」が新品で存在している時点でかなりレアです。

そしてだいぶ懐かしいのでスペックを簡単にまとめると以下のようになります。

Xperia Z5 premium スペック
ディスプレイ 5.5インチ(4K 液晶)
OS Android7.0
SoC snapdragon810
RAM/ROM 3GB/32GB
メインカメラ 2300万画素
インカメラ 500万画素
バッテリー 3430mAh

本体サイズは省略しますが、改めてみるとスペックひどいですよね。2015年で、その当時最も優れた「ハイエンドモデル」だったのに、今じゃ考えられないくらいスペックが低いです。これで逆に「4K」を搭載したSONYの技術がすごいのかもしれませんね。そして一番の問題点が「snapdragon810」。電池持ちは悪いし、熱暴走をすぐ繰り返すなど、史上最低の「snapdragon」です。

これを搭載していなければ、「Xperia Z5 premium」の評価はもう少し高かったと考えることもできます。また上記の画像からも本体価格は「5万円」程度します。「Xperia XZ1」や「Xperia XZ premium」より高いです。でもそれだけ希少価値がありますよね。実際に使う用途ではなく、コレクションの一つにいいかもしれませんね。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧