• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • RAM12GB/ROM1TBに。「Galaxy S10」の最上位モデル「Beyond X」のストレージ容量が判明にって話。

RAM12GB/ROM1TBに。「Galaxy S10」の最上位モデル「Beyond X」のストレージ容量が判明にって話。

そのデザインはまさ判然としない状況にありますが、先日の情報からも、「Galaxy S10」シリーズには「5G」に対応した特別モデルである「Beyond X」と「Bolt」の存在が確認されており、ベースとなる「Galaxy S10+」や「Galaxy S10 Edge」と比較すると、より大型ディスプレイに、より大型バッテリーが搭載されている可能性が高いと予測されています。詳細は「「Galaxy S10」シリーズ最上位モデル「Beyond X」は「5000mAh」の超大型バッテリーを搭載かもって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、この「5G」に対応した「Beyond X」と「Bolt」のそれぞれの価格は判然としない状況にありますが、リークした「Galaxy S10」シリーズの本体価格からも、「エントリー」モデルである「Galaxy S10 E」はそこまで安くはなく、「Galaxy S10+」は「20万円」程度になる可能性が高いと予測されています。詳細は「最も高価な「1TB」の容量で「20万円」に。次期「Galaxy S10」シリーズの本体価格が判明にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy S10」シリーズの内部スペックが判明したとしており、最上位モデルである「Beyond X」は「RAM12GB/ROM1TB」に対応する可能性が高いと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


内部スペックが判明に。

さて今回の情報によると、次期「Galaxy S10」シリーズの内部ストレージのラインナップが判明したと報告しているので簡単にまとめると以下のようになります。

Galaxy S10 RAM/ROM
Galaxy S10 E 4GB/128GB
Galaxy S10 Edge 6GB/128GB
6GB/256GB
Galaxy S10+ 8GB/512GB
Bolt Beyond X 8GB/256GB
8GB/512GB
12GB/1TB
Galaxy F 12GB/512GB
12GB/1TB

さて今回の情報によると、先日の情報通り、「RAM」においては最大「12GB」のモデルが存在していること。そして「ROM」に関しては最大で「1TB」が存在していることを確認することができ、さらに「RAM」と「ROM」に組み合わせが判明したということになります。

特に「5G」に対応した「Beyond X」と「Bolt」は内部スペックが非常に豪勢ですよね。RAM「12GB」にROM「1TB」ってスマートフォンでは最大級となり、そのスペックよりもむしろ価格がいくらになるのか判然としません。「RAM」「8GB」と「12GB」でどれだけ処理性能に影響を与えるのか判然としませんが、少なくとも「5G」に対応するだけで、かなり高価格化されると予測されている中、「RAM8GB/ROM512GB」の「Beyond X」や「Bolt」でもそれなりの価格であると覚悟する必要性があります。

「Galaxy Note9」に引き続き、スペックてんこ盛りになると予測されている「Galaxy S10」シリーズは、高価格化するのは簡単ですが、むしろSamsungがどの程度の価格に抑えてくるのかが非常に重要かと思います。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧