• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • 容量構成でもキャリア限定モデルが存在に?「Galaxy S10」の「5G」モデル「Beyond X」の最上位モデルは「ベライゾン」限定にって話。

容量構成でもキャリア限定モデルが存在に?「Galaxy S10」の「5G」モデル「Beyond X」の最上位モデルは「ベライゾン」限定にって話。

先日の情報からも、Samsungが「2月20日」に開催を予定しているアンパックにおいて、次期「Galaxy S10」シリーズを正式に発表する可能性が高いと予測されている中、「Galaxy S10 Edge」と「Galaxy S10+」にはそれぞれ「5G」に対応した「Bolt」と「Beyond X」が存在していると予測されており、さらにこの「5G」対応モデルは、「韓国」と「アメリカ」を中心に発売になる可能性が高いと予測されています。詳細は「「Galaxy S10」シリーズの最上位モデル「Beyond X」。「アメリカ」と「韓国」の限定発売になるかもって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、この「5G」に対応した特別モデルは、「アメリカ」国内でも、すべてのキャリアで展開される可能性は低く、「Galaxy S10 Edge」の「5G」に対応した特別モデル「Bolt」は「ベライゾン」のみでの展開になる可能性が高いとの予測もあります。詳細は「アメリカ国内でも限定的に。「Galaxy S10」の「5G」モデルは「ベライゾン」限定かもって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy S10+」の5G対応モデル「Beyond X」の最上位モデルはアメリカの大手キャリア「ベライゾン」限定になる可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「ベライゾン」限定モデルに。

さて先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズの内部ストレージのラインナップが判明しており、「5G」に対応した「Beyond X」と「Bolt」に関して「RAM8GB/ROM256GB」と「RAM8GB/ROM512GB」そして「RAM12GB/ROM1TB」の3モデル構成になっている可能性が高いと予測されています。

そのなかでも今回の情報によると、「RAM12GB/ROM1TB」の最上位モデルは、発売を開始した最初の数ヶ月は「ベライゾン」の独占販売になる可能性が高いとしています。一方で「RAM8GB/ROM256GB」と「RAM8GB/ROM512GB」に関してはキャリア共通で展開sあれる可能性が高いとしています。

その金額にもよると思いますが、初期需要は、特に「iPhone」に顕著に見られますが、ストレージ容量が多い最上位モデルに人気が集まります。そして現に「Galaxy Note9」の時も、アメリカ国内で最上位モデルに人気が集中し、最大2ヶ月待ちの大ヒットになったことが判明しています。このことからも「RAM12GB/ROM1TB」は初期需要を集めるにはもってこいの存在であり、「ベライゾン」にとっては契約者数を増やす最大のチャンスであるとも考えることができます。

ただ今回の情報で非常に残念なのが、「2月20日」に開催されるアンパックにおいて、「5G」に対応した「Bolt」と「Beyond X」は正式に発表されない可能性が高いとしています。やはり販売地域を大幅に縮小しているからでしょうか。その発売時期も含めて続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧