• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • 「iPhone XR」を強く意識した名称に?次期「Galaxy S10 Lite」の正式名称が判明かもって話。

「iPhone XR」を強く意識した名称に?次期「Galaxy S10 Lite」の正式名称が判明かもって話。

先日の情報からも、Samsungは「2月」に「Galaxy S10」シリーズを正式に発表する可能性が高いと予測されており、特に「エントリー」モデル扱いになる「Galaxy S10 Lite」は、側面に「指紋認証」や「フラット」ディスプレイの搭載など、リークしているスペックからもは、「Galaxy S10 Edge」や「Galaxy S10+」とスペックにかなり差があることが判明しています。詳細は「3モデル構成の「Galaxy S10」シリーズ。「Galaxy S10 Lite」は思ったよりスペックが控えめかもって話。をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、「Galaxy S10 Lite」は、ディスプレイサイズが「5.8インチ」であることに、本体カラーが「6色」展開になると予測されていることからも、「Galaxy S10」シリーズ自体が、「iPhone XR」や「iPhone XS」シリーズの「ディスプレイサイズ」や「本体カラー」を強く意識している可能性が高いと予測されています。詳細は「「iPhone XR」を強く意識している?次期「Galaxy S10 Lite」は「6色」「Galaxy S10」は「4色」にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Galaxy S」シリーズとしては初となる「エントリーモデル」である「Galaxy S10 Lite」の正式名称が判明した可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


正式名称が判明かも。

さて今回の情報によると、中国の小売業者からの情報として、「Galaxy S」シリーズとして初めて登場する「エントリーモデル」である「Galaxy S10 Lite」の正式名称は「Galaxy S10 E」になる可能性が高いとしていることが判明したとしています。ただなぜ「E」が採用されるのか判然としない状況にあるとしています。

少なくとも「E」には、「価格が低い」ことを意味している可能性が高いとはしていますが。「エコノミー」とかそんな感じなんでしょうか。「iPhone XR」で採用されている「R」に関しては、Appleはその意味を正式に発表はしていません。ただ、一部情報によると、そこまで深い意味はない可能性が高いと予測されています。

先日の情報からも、次期「Galaxy S10 E」は、「ワイヤレス充電」に対応している一方で、「snapdragon855」を搭載している可能性も高いと予測されています。詳細は「エントリーモデルでも悪くはない。「Galaxy S10 Lite」は「ワイヤレス充電」に対応かもって話。」をご参照下さい。一方で、先日の情報からも、「エントリーモデル」扱いになるとされている「Galaxy S10 E」ですが、その本体価格はそこまで安くないことも判明しています。詳細は「最も高価な「1TB」の容量で「20万円」に。次期「Galaxy S10」シリーズの本体価格が判明にって話。」をご参照下さい。

今現時点のリーク情報を考慮すると、「Galaxy S10 E」は「iPhone XR」を強く意識しすぎたせいか、本体カラーやスペックに加え、本体価格までも非常に中途半端な感じになっていますが、正直大丈夫なのかとの懸念もあります。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧