• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 「5G」対応は時期尚早。次期「Xperia XZ4」は「snapdragon855」を搭載しながらも「5G」には非対応へって話。

「5G」対応は時期尚早。次期「Xperia XZ4」は「snapdragon855」を搭載しながらも「5G」には非対応へって話。

かなり情報が錯綜していますが、先日の情報からも、次期「Xperia XZ4」は「4G」に対応したモデルと「5G」に対応したモデルが存在すると予測されている中、「5G」対応モデルでも「4G」対応モデルであっても、「snapdragon855」を搭載する可能性が高いと予測されていることからも、市場トップクラスの処理性能を実現していると考えることができます。詳細は「「5G」に対応することより重要かも。次期「Xperia XZ4」シリーズは共通して「snapdragon855」を搭載かもって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、MWC2019で発表される「ハイエンドモデル」は「Xperia XZ4」のみになる可能性が高いと予測されており、まさに以前より噂されていた「Xperia XZ4 premium」と「Xperia XZ4」のスペックが融合したようなスペックとなっており、世界初の「4K OLED HDR」に対応している可能性が高いと予測されています。詳細は「」をご参照ください。

さて今回digital trendによると、SONYの関係者のインタビューから、次期「Xperia XZ4」は「5G」に対応していない可能性が高いことが判明したと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「5G」は非対応の可能性が。

さて今回同サイトが行なったインタビューにおいて、SONYの関係者が以下のような発言をしていることが判明しました。

“5G is a challenge,” Mesa said. “Some people may be holding off buying a new device because they’re waiting for it. But we don’t want to rush and put the cart before the horse — the experience has to be good.”

今回のインタビューにおいて、SONYは「5G」に「Xperia」を対応させることは時期尚早であるとしており、少なくとも焦って「5G」に対応させることはないとしています。「5G」がより経験に繋がるタイミングを見計らう必要性があるとしていることからも、次期「Xperia XZ4」では「5G」に対応していない可能性が高いと考えることができます。

先日の情報からも、次期「Xperia XZ4」は「3900mAh」以上のバッテリーを搭載している可能性が高いと予測されている一方で、「5G」に対応していることで、膨大に電池を消費することも判明しており、現に「Galaxy S10」シリーズの「5G」に対応した特別モデルは「4000mAh」以上の大型バッテリーを搭載していることが判明しています。

つまりリークされている「Xperia XZ4」のバッテリー容量では「4K OLED HDR」や「5G」を支えるにはかなりの懸念があり、「5G」に対応しないことは、ユーザビリティの面でも英断だと考えることができます。また先行技術に対応させることで、本体価格を無駄に引き上げる必要性もありません。

だいぶ前からの情報では、「Xperia」に「5G 」をいち早く対応させると予測されていましたが、「5G」に早期に対応させるメリットが感じられなくなったのかもしれませんね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧