• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 「4K」でも今度は電池持ちは大丈夫かな?「Xperia XZ4 premium」のバッテリー容量が判明にって話。

「4K」でも今度は電池持ちは大丈夫かな?「Xperia XZ4 premium」のバッテリー容量が判明にって話。

かなり情報が錯綜していますが、先日の情報からも、次期「Xperia XZ4」は「4G」に対応したモデルと、「5G」に対応した特別モデルが存在していると予測されており、この「5G」に対応した特別モデルは、そのリークしている表示解像度からも「Xperia XZ4 premium」である可能性が高いと予測されています。詳細は「SONYの本気は「Xperia」の常識を超える。次期「Xperia XZ4 premium」は「4K」に「クアッドレンズカメラ」を搭載にって話」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、次期「Xperia XZ4 premium」や「Xperia XZ4」など、「5G」に対応しているに関わらず、「snapdragon855」を搭載している可能性が高いと予測されており、このことからも、先日リークしたベンチマークより、「Apple」の「A12 Bionic」を上回る最高クラスの処理性能を実現している可能性が高いと予測されています。詳細は「「iPhone XS Max」以上の処理性能を実現に。次期「Xperia XZ4」は市場トップクラスへと大幅に躍進へって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、次期「Xperia XZ4 premium」のバッテリー容量に関する投稿がされていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「バッテリー容量」が判明に?

さて今回投稿されていた画像が上記の画像になります。少なとも中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて投稿されていたものだと考えることができます。今回の投稿からも、「Xperia XZ4」の「5G」モデルは、「Xperia XZ4」より「1〜1.5mm」程度分厚くなり、さらに電池容量は「4130mAh」である可能性が高いと投稿されていることを確認することができます。

少なくとも、先日の情報からも、「5G」に対応した「Xperia XZ4」は「Xperia XZ4 premium」であるとされていることからも「Xperia XZ4 premium」の電池容量は、「4130mAh」であると考えることができます。また「Xperia XZ4」の厚みが「8.2mm」であることが判明していることからも「Xperia XZ4 premium」は「9.2〜9.7mm」の間の厚さであると考えることができます。

少なくとも「Xperia XZ3」のような「アンビエントフロー」は採用していない可能性が高いですが、一方で、本体の最も分厚い部分で比較すれば、「Xperia XZ4 premium」のほうが薄いと考えることができます。

ただきになるのは、電池持ちです。「Xperia Z5 premium」から始まった「4K」モデルですが、「Xperia XZ2 premium」まで悉く電池持ちが悪いです。加えて、「有機ELディスプレイ」を搭載し、極端に電池持ちが悪くなった「Xperia XZ3」のことを考えると、「4K OLED」に対応しているとされている「Xperia XZ4 premium」の電池持ちはかなり悪くなってしまうような気がします。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧