• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • RAM6GBでも十分な性能を。次期「Xperia XZ4」のベースモデルでも市場最高クラスの処理性能にって話。

RAM6GBでも十分な性能を。次期「Xperia XZ4」のベースモデルでも市場最高クラスの処理性能にって話。

先日の情報からも、次期「Xperia XZ4」の「AnTuTu」上のベンチマークが早くもリークしており、市場最高クラスの「iPhone XS」や「iPhone XS Max」が搭載している「A12 Bionic」を抜いて、「39万点」のハイスコアを記録していることが判明しており、「snapdragon855」の搭載で大幅に処理性能が向上していることが判明しています。詳細は「「iPhone XS Max」以上の処理性能を実現に。次期「Xperia XZ4」は市場トップクラスへと大幅に躍進へって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、同じく「Xperia XZ4」のベンチマークがGeekBench上でもリークしていることが判明しており、このベンチマークで確認されていることは、マルチスコアが「1万2000点」と「iPhone XS」シリーズと同等であること。そして「Xperia XZ4」にはRAM「8GB」モデルが存在している可能性が高いことです。詳細は「今年の「Xperia」こそ期待ができる。次期「Xperia XZ4」のベンチマークが再びリークって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Xperia XZ4」はRAM「6GB」モデルでも市場トップクラスの処理性能を実現している可能性が高いと判明したので簡単にまとめたいと思います。


さらにベンチマークがリークに。

さて今回リークした「snapdragon855」のベンチマークが上記の画像となっています。テストに使用されている機種は判然としませんが、少なくとも、「snapdragon855」を搭載している機種は共通してこのベンチマークスコアを記録できる可能性が高いと判断することができます。

特に上記のベンチマークを確認する限り、「RAM6GB」であることを確認することができます。このことからも「snapdragon855」を搭載している機種であれば、ベースモデルであっても市場最高クラスのベンチマークを記録することができると判断することができます。一方で先日の情報からも「Xperia XZ4」はRAM「6GB」と「8GB」の2つのモデルが存在していると予測されています。詳細は「狙い目は「SIMフリー」モデルに。次期「Xperia XZ4」はRAM「8GB」モデルが存在にって話。」をご参照下さい。

次期「Galaxy S10」シリーズや「Huawei P30 Pro」には「RAM12GB」モデルと、超強化モデルが存在していると予測されていることからも、「RAM」の強化によって、多少なりともベンチマークスコアが上昇すると考えることができます。マルチスコアで「1万3000点」くらいいきそうでしょうか。

Qualcommから正式発表される前までは、「A12 Bionic」や「Kirin980」より処理性能が劣るとされていましたが、実際にふたを開けてみれば、大逆転でしたよね。例年通りであれば、サプライヤーであるSamsungの「Galaxy S10」シリーズが最優先に搭載されると予測されています。MWC2019での正式発表が楽しみですよね。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧