• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • 「Galaxy Note9」と同等のバッテリー容量に。次期「Galaxy S10」シリーズの「バッテリー容量」が判明にって話。

「Galaxy Note9」と同等のバッテリー容量に。次期「Galaxy S10」シリーズの「バッテリー容量」が判明にって話。

先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズの「ディスプレイサイズ」が判明しており、「Galaxy S10 Lite」は「5.8インチ」「Galaxy S10 Edge」は「6.1インチ」そして「Galaxy S10+」は「6.4インチ」のディスプレイを搭載している可能性が高いと予測されていることからも、「iPhone XR」と「iPhone XS」シリーズを強く意識したサイズになっている可能性が高いと考えることができます。詳細は「合計で5つのカメラを搭載に。次期「Galaxy S10」シリーズは「Galaxy S9」シリーズより僅かに大型のディスプレイを搭載にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズのスクリーンプロテクターがリークしており、それぞれのモデルのディスプレイサイズを比較することができること。そして最も大きなディスプレイを搭載している「Galaxy S10+」であってもそこまで大きなディスプレイに感じず、コンパクトにまとまっている印象を確認することができます。詳細は「「Galaxy Note9」より遥かに小型な本体サイズに。「Galaxy S10+」と「Galaxy S9+」を比較した画像が公開にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy S10」シリーズの「バッテリー容量」が判明したと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「バッテリー容量」が判明に。

「Galaxy Note7」の完全リコール問題以降、バッテリーの大型化にはかなり消極的だったSamsungですが、今回の情報によると、次期「Galaxy S10」シリーズはバッテリー容量が大幅に強化されるとしています。現行の「Galaxy S9」シリーズと比較すると以下のようになります。

Galaxy S9 バッテリー Galaxy S10 バッテリー
Galaxy S10 Lite 3100mAh
Galaxy S9 3000mAh Galaxy S10 Edge 3500mAh
Galaxy S9+ 3500mAh Galaxy S10+ 4000mAh

「Galaxy S10 Lite」は今回初めて追加されるモデルになるため、比較対象がありませんが、「Galaxy S10 Edge」と「Galaxy S10+」はそれぞれ「500mAh」増強されていることを確認することができます。少なくとも現行機種の中では「Galaxy Note9」の「4000mAh」が最高クラスで、電池持ちに関してもかなりの高評価を獲得していることからも、特に「Galaxy S10+」に関しては電池持ちが期待できると考えることができます。

「Galaxy S10 Lite」に関しては「フラットデザイン」を採用しており、さらに「液晶」で表示解像度が「FHD」を採用している可能性が高いと予測されていることからも、「バッテリー容量」がそこまで大きくなくても、「電池持ち」はかなり良いと考えることができます。ただ先日リークした「Galaxy S10」シリーズの価格を見る限りは、「Galaxy S10 Lite」はそこまでコスパに優れていないと思ってしまいます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧