さらなるスクリーンプロテクターがリーク。「Huawei P30 Lite」や「Huawei P30 Pro」のディスプレイサイズが判明にって話。

先日の情報からも、次期「Huawei P30 Pro」と「Galaxy S10 Edge」、そして「Galaxy S10+」のスクリーンプロテクターを比較した画像がリークしており、「6.1インチ」の「Galaxy S10 Edge」、そして「6.4インチ」の「Galaxy S10+」と比較すると、「Huawei P30 Pro」のディスプレイサイズは少なくとも「6.5インチ」以上の大きさがある可能性が高いと予測されています。詳細は「「6.4インチ」以上の大型ディスプレイに「水滴型」のノッチを採用に。次期「Huawei P30 Pro」のデザインは先進性を感じられないかもって話。」をご参照下さい。

一方で、先日には、「Huawei P30 Pro」や「Huawei P30」のレンダリング画像が公開されており、共通して「水滴型」の「ノッチスタイル」を採用していること、そして「Huawei P30」は「トリプルレンズカメラ」を。「Huawei P30 Pro」は「クアッドレンズカメラ」を搭載していることが判明しています。詳細は「「クアッドレンズカメラ」に「水滴型ノッチ」。次期「Huawei P30 Pro」のデザインが判明にって話。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、次期「Huawei P30 Lite」から「huawei P30 Pro」までのスクリーンプロテクターを比較した画像がリークしたと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「Huawei P30」シリーズのディスプレイ。

さて今回投稿されていた画像が上記の画像になります。左から「Huawei P30 Lite」、「Huawei P30」、そして「Huawei P30 Pro」であることを確認することができます。一方で、今回の情報によると、「Huawei P30」と「Huawei P30 Lite」に関しては共通して「6.0インチ」のディスプレイを。「Huawei P30 Pro」に関しては「6.4インチ」のディスプレイを搭載しているとしています。

さらに今までほとんど情報がなかった「Huawei P30 Lite」ですが、「FHD」の「液晶」に対応しており、さらに「背面」に「指紋センサー」を搭載していること。そして「デュアルレンズカメラ」仕様になっていることが判明しています。「Huawei P30」と「Huawei P30 Lite」は同じディスプレイサイズでありながら、「Huawei P30 Lite」のほうがベゼルが太いため、少し大きく見えますよね。やはり「Huawei P30」と地味に差別化していると考えることができます。

昨年においては「IFA2018」において「Huawei Mate20 Lite」が発表され、「10月」の単独イベントにおいて「Huawei Mate20」と「Huawei Mate20 Pro」が発表されました。今年においては「CES2019」で先に「Huawei P30 Lite」が先行して発表されるのか、それとも「MWC2019」において同時に発表されるのか判然としません。日本でも人気が高い「Huawei P20 Lite」の後継機種として「Huawei P30 Lite」の正式発表が楽しみですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


最新情報をチェックしよう!