• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • 思ったより完成度が高く悪くないじゃん。次期「Galaxy S10」の実機画像がついにリークしたって話。

思ったより完成度が高く悪くないじゃん。次期「Galaxy S10」の実機画像がついにリークしたって話。

先日の情報からも、次期「Galaxy S10」は3モデル構成になると予測されており、「エントリー」モデルで「フラット」なデザインを採用する「Galaxy S10 Lite」は「5.8インチ」、そして久しぶりの「Edgeブランド」となる「Galaxy S10 Edge」は「6.1インチ」、そして最上級モデルである「Galaxy S10+」は「6.4インチ」になると予測されています。詳細は「合計で5つのカメラを搭載に。次期「Galaxy S10」シリーズは「Galaxy S9」シリーズより僅かに大型のディスプレイを搭載にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、Samsungは「iPhone XR」や「iPhone XS」シリーズを強く意識しているのか、「ディスプレイサイズ」に加え、「Galaxy S10 Lite」が「6色」展開になるとされており、「Galaxy S10 Edge」と「Galaxy S10+」はそれぞれ「4色」展開になると予測されています。詳細は「「iPhone XR」を強く意識している?次期「Galaxy S10 Lite」は「6色」「Galaxy S10」は「4色」にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy S10 Edge」の実機画像がリークしたと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


実機画像がリークに。

さて今回「Galaxy S10 Edge」の実機画像とされている画像が上記の画像になります。先日の情報からも「シングルレンズフロントカメラ」に「Edgeスタイル」を採用していることからも、「Galaxy S10 Edge」である可能性が非常に高いと判断することができます。「infinity O」を採用していることからも、ほぼフルスクリーンデザインとなっており、非常にすっきりとしたデザインであることを確認することができます。

今回の画像では、「フロント部分」の実機画像が初めてリークした形になりますが、一方で「背面」を確認することができません。しかしながら先日の情報からも「背面」を撮影した画像がリークしており、並列型の「カメラデザイン」になっていることからも、「Galaxy Note8」や「GHalaxy Note9」と非常に似たデザインを採用していることが確認されています。詳細は「完成度の高さを明確に確認できる。次期「Galaxy S10+」のモックアップ画像がまたまたリークしたって話。」をご参照下さい。

今回の情報では、合わせて「Galaxy S10」シリーズは「2月下旬」に開催される「MWC2019」において正式に発表され、「3月上旬」に発売を開始する可能性が高いとした上で、さらに「5G」にサポートした「Beyond X」も同時に発表されることに言及しています。発表まであと2ヶ月ですね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧