• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 狙い目は「SIMフリー」モデルに。次期「Xperia XZ4」はRAM「8GB」モデルが存在にって話。

狙い目は「SIMフリー」モデルに。次期「Xperia XZ4」はRAM「8GB」モデルが存在にって話。

先日の情報からも、今年登場が予測されている次期「Xperia XZ4 premium」ですが、上期に登場する機種の中で唯一の「5G」に対応する機種になると予測されており、さらに「クアッドレンズカメラ」に「RAM8GB」そしてストレージが「256GB」に対応する可能性があると予測されており、かなりのハイスペックになると予測されています。詳細は「SONYの本気は「Xperia」の常識を超える。次期「Xperia XZ4 premium」は「4K」に「クアッドレンズカメラ」を搭載にって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、次期「Xperia XZ4」は「トリプルレンズカメラ」に「6.5インチ」の大型ディスプレイを搭載するなど、大幅なスペックアップすると予測されている中、日本国内では初となる「SIMフリー」モデルが直販される可能性が高いと予測されています。詳細は「SONYが国内で大きな変革を。次期「Xperia XZ4」は国内でSIMフリーモデルが発売になるかもって話。」をご参照下さい。

さて今回リーカーとして非常に定評のあるZackbuks氏が、中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて「Xperia XZ4」のRAMに関する投稿がされていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


RAMが判明に。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

今年和去年一样,应该还是按照销售地区有 6GB 与 8GB 两个版本。 ​​​​

今回投稿されていた内容によると、次期「Xperia XZ4」においてRAMが「6GB」と「8GB」の2つのモデルが存在している可能性が高いとしています。同氏の今までのリーク情報の実績を考えれば、次期「Xperia XZ4」にはRAM違いの2つのモデルが存在していると可能性が非常に高いと考えることができます。

先日の情報からも、「Xperia XA3 Ultra」がRAM「6G」に対応していることを考えれば、「Xperia XZ4」が最低でもRAM「6GB」に対応していてもおかしくはありません。つまり「Xperia XZ2」や「Xperia XZ3」を例に考えれば、「中国」や「台湾」など一部市場向けに、「Xperia XZ4」ではRAM「8GB」モデルが展開されると考えることができます。

また冒頭でも記述しましたが、仮に「日本国内」で「SIMフリー」モデルが展開されるとなれば、そのリークしているモデル番号からもRAM強化モデルであると考えることができます。このことからも、国内で「SIMフリー」モデルが展開されるとの前提であれば、SIMフリーモデルのほうがおすすめになります。

過去の販売実績を考えれば、「キャリアモデル」は「ベースモデル」のみの展開になり、「SIMフリーモデル」と区別化されると考えることができます。先日の情報からも、「Xperia XZ4」は最低でも「12万円」程度になると予測されています。詳細は「「5G」モデルは「Xperia」史上最高の価格設定に。次期「Xperia XZ4」の「4G/5G」モデルの価格が判明にって話。」をご参照下さい。

このことからも、近年「キャリアモデル」の本体価格が決して安くはないことを考えれば、表面上ちょっと割高になっても「SIMフリーモデル」のほうがコスパに優れていると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧