• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • 「Galaxy Note9」より遥かに小型な本体サイズに。「Galaxy S10+」と「Galaxy S9+」を比較した画像が公開にって話。

「Galaxy Note9」より遥かに小型な本体サイズに。「Galaxy S10+」と「Galaxy S9+」を比較した画像が公開にって話。

先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズ、3モデルのディスプレイサイズが判明しており、「Galaxy S10 Lite」は「5.8インチ」を。「Galaxy S10 Edge」は「6.1インチ」と。そして「Galaxy S10+」は「6.4インチ」のディスプレイを搭載していることが判明しており、「iPhone XR」と「iPhone XS」を強く意識したディスプレイサイズになっていることが判明しています。詳細は「「Galaxy」史上最大クラスのディスプレイを搭載に。「Galaxy S10」と「Galaxy Note10」のディスプレイサイズが判明にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、次期「Galaxy S10 Edge」と「Galaxy S10+」のスクリーンプロテクターがリークしており、「infinity O」を採用していることからも、フルスクリーンデザインを採用していることがはっきりと確認できています。詳細は「想像以上にコンパクトサイズに。「Galaxy S10+」と「Huawei Mate20 Pro」の比較画像が公開にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Galaxy S10+」の専用ケースと、「Galaxy S9」、「Galaxy S9+」の実機をそれぞれ比較した動画が公開されたと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


比較画像が公開に。

さて今回の情報によると、「Galaxy S10+」の専用ケースと「Galaxy S9」、「Galaxy S9+」の実機を比較した動画が公開されたとしており、上記の動画が今回公開された動画になります。動画を確認して頂くと非常に分かりやすいのですが、「Galaxy S10+」の専用ケースと「Galaxy S9+」の実機のサイズがぴったりであることを確認することができます。

つまり「Galaxy S10+」は「infinity O」を採用していることからも、本体サイズの大幅な小型化に成功していると考えることができます。つまりカタログスペック上で、同じ「ディスプレイサイズ」を採用している「Galaxy S10+」と「Galaxy Note9」は本体サイズが全く異なると考えることができます。

こうなってくると、「6.1インチ」の「Galaxy S10」と「5.8インチ」の「Galaxy S9」も似たような本体サイズになると考えることができ、逆に言えば、Samsungは「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」の本体サイズが最もバランスの取れた大きさであると考えている可能性も考えられます。

先日には実機画像もリークしています。詳細は「体カラーによってデザインが異なるかも。「Galaxy S10+」の実機画像がリークしたって話。」をご参照下さい。今回の動画でも確認することができますが、「並列型」に変更された「カメラデザイン」も大きな特徴の一つであると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧