本配信の前に。「Galaxy Note9」に「Android9.0」のβ4が配信開始にって話。

先日の情報からも、Samsungは「Galaxy」シリーズへの「Android9.0」へのアップデートスケジュールを公表しており、「Galaxy S9」シリーズや「Galaxy Note9」、そして「Galaxy Note8」や「Galaxy S8」シリーズへの配信はほぼ2月までに終了することが判明しています。詳細は「ちょっと対応が遅すぎないかな。「Galaxy Note9」の「Android9.0」へのアップデートは2019年2月にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Galaxy Note9」への「Android9.0」の配信開始は「1月15日」になる可能性が高いと予測されており、配信地域がどこから始まるか判然としないことからも、同じ「Galaxy Note9」であっても早いところと遅いところでは最大1ヶ月程度の開きがある可能性があると予測されています。詳細は「ちょっと遅れたお年玉に。「Galaxy Note9」への「Android9.0」の配信は「1月15日」に配信開始って話。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、「Galaxy Note9」への「Android9.0」の本配信の直前に、Samsungは「Android9.0」のβ版の配信を開始したと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「Android9.0」のβ版の配信が開始に。

さて今回の情報によると、Samsungは「Galaxy Note9」に対して、「Android9.0」「β4」の配信を開始したとしており、主に「β3」までの「バグ」の修正がメインになっているとしています。またこの「β4」の配信は「ドイツ」・「韓国」・「インド」で開始しているとしており、これらの国で発売されている「Galaxy Note9」はすでに受信している可能性が高いとしています。

今回アップデートにより、「ギャラリーアプリ」の誤作動や、ビクスビーの不具合、そしてナビゲーションバーの問題や「タッチバー」の問題と、かなり深刻な症状をもたらしていた「バグ」の修正がメインになっているとしています。さらに今回の「β版」の配信には「1月」のセキュリティパッチが包括されていることが判明しているとしています。

「iOS」のβ版もそうですが、「Android」のβ版に関しても、毎回なかなかひどいですよね。正直今回の「Galaxy Note9」に関してもアップデートしたら後悔するレベルのバグとなっています。ただ今回の3カ国以外のユーザーは、「1月15日」から本配信が始まることを考えれば、無理にアップデートをさせる必要性はないと考えることができます。ベータプログラムに登録していれば、なんだかんだアップデートができてしまう場合が多いので。

ただ「1月15日」に本配信されることを考えれば、国内では「ドコモ」と「au」から発売を開始している「キャリアモデル」に関してもそう遠くない未来に「Android9.0」が配信されそうですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧