• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 市場の動向を見極めてから。次期「iPhone XI」は「5G」に非対応になるかもって話。

市場の動向を見極めてから。次期「iPhone XI」は「5G」に非対応になるかもって話。

すでにAppleとしては開発を開始している可能性が高いと予測されている2019年に登場が予測されている新型「iPhone」ですが、先日の情報からも、「ディスプレイ統合型指紋センサー」は搭載されない可能性が高いと予測されており、2020年に登場する次期「iPhone」で新型「Touch ID」として復活する可能性があると予測されています。詳細は「地味に嬉しい。2019年に登場する次期「iPhone」は「Touch ID」が復活するかもって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、来年は「パンチホール式」のノッチスタイルがトレンドになると予測されており、「Galaxy S10」シリーズをはじめとした一部「Android」機種が採用すると予測されていますが、来年登場する次期「iPhone」に「パンチホール式」のノッチスタイルを採用したレンダリング画像が公開されており非常に話題となっています。詳細は「2019年は「パンチホール」式ノッチがトレンドに?次期「iPhone X1」のコンセプト画像が公開にって話。」をご参照下さい。

さて今回The Leakerによると、2019年に登場が予測されている次期「iPhone XI」に「5G」が採用されている可能性が非常に低いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「5G」には非対応に。

さて今回の情報によると、Appleは今年登場する新型「iPhone」に「5G」を搭載するか検討中であり、少なくとも今年は搭載しない可能性が高いと予測しています。また「5G」に対応するデバイスの生産を開始する予定も全くないとされています。

少なくとも「Android」ベンダーの多くは、「5G」対応機種の開発にも積極的で、その通信を行うキャリアにおいても5Gにはかなりの期待を寄せているとしていますが、少なくとも「Apple」にとっては「時期尚早」であるとしています。ただ今年登場する新型「iPhone」が「5G」に対応しないのではなく、対応できないとの予測もあり、一つ目の理由としてはQualcommとの訴訟問題が影響している可能性があるかもしれないこと。

そして2つ目の理由としては「5G」のモデムのサプライヤーである「Intel」が「5G」への準備が完了していないことからも、技術的制約の面において、「5G」の対応を見送るしかない状況にあるとも考えることができます。

ただ「Apple」がいう通り、「5G」に無理に対応することは、少なくとも今年は必要性がないと考えることができ、状況次第では「2020年」でも時期尚早の可能性も考えられます。先日の情報からも、「Android」機種において、「5G」に対応することで、本体価格が「3万円」程度値上がりになるとされていることからも、2020年に登場する次期「iPhone」はいよいよ本体価格が20万円を超えるなど、ありえない価格設定になってしまう可能性もあります。今後の動向に要注目です。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧