• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • アスペクト比の変更でも持ちやすさに影響はないかも。「Xperia XZ4」のスクリーンプロテクターがまたまたリークって話。

アスペクト比の変更でも持ちやすさに影響はないかも。「Xperia XZ4」のスクリーンプロテクターがまたまたリークって話。

先日の情報からも、来年の初頭に登場が予測されている次期「Xperia XZ4」ですが、アスペクト比「21:9」を採用すると予測されており、さらに「有機ELディスプレイ」を搭載し、さらに表示解像度が「4K」になるなど、ディスプレイにおいて大幅なスペックアップがすると予測されています。詳細は「「Xperia XZ4 premium」の存在を否定に?次期「Xperia XZ4」の表示解像度が判明にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、次期「Xperia XZ4」の実機画像とされている画像がリークしており、「アスペクト比21:9」を採用したことでかなり持ちにくくなっている可能性が高く、さらに「Xperia XZ4 compact」のレンダリング画像と比較された画像が公開されており、アスペクト比の違いは本体の雰囲気を大きく変えることが判明しています。詳細は「デザインが劣化しているようにも見える。「Xperia XZ4」と「Xperia XZ4 Compact」を比較するとこんな感じにって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、次期「Xperia XZ4」の「スクリーンプロテクター」の画像が投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


スクリーンプロテクターがリーク。

さて今回投稿されていた画像が上記の画像になります。このスクリーンプロテクターがもちろん本物か判然としませんが、少なくとも先日公開されたCADを基に作成されたレンダリング画像のデザインと一致していることを確認することができます。詳細は「トリプルレンズカメラに「6.5インチ」の大型ディスプレイを搭載に。「Xperia XZ4」の超精細なレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

やはりアスペクト比「21:9」を採用していることを確認することができます。少なくとも現行の「Xperia XZ3」の「アスペクト比18:9」とは大きく印象が異なります。一方で、Amazonにおいて、すでに「Xperia XZ4」の専用ケースが発売を開始しており、実際に持った感じは、そこまで持ちにくくはありません。むしろ横幅においては「Galaxy Note9」などより、かなりスリムになっており、人によっては持ちやすいかもしれません。

ただ、かなり縦長になったこともあり、「指紋認証」が「側面」に移動するのは必然だと考えることができます。少なくとも「Xperia XZ3」と同じく「背面」に搭載していれば、ユーザーからの批判が相当集まると考えることもできます。

「Xperia XZ1」までは「ベゼル」の太さが大きな批判の対象となっており、「Xperia XZ2」と「Xperia XZ3」では「アンビエントフロー」が採用されど、着実にベゼルのスリム化が行われており、「Xperia XZ4」は「Xperia」にとってある意味完成形のデザインになると考えることもできます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧