• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • いよいよ発売開始に。「Huawei Nova4」は今年最高のデザインと最高のコスパにって話。

いよいよ発売開始に。「Huawei Nova4」は今年最高のデザインと最高のコスパにって話。

先日の情報からも、「Samsung」が世界初の「パンチホール式」のノッチスタイルを採用している機種である「Galaxy A8S」を正式に発表し、発売する可能性が高いと予測されていましたが、実際には発表こそ先だったものの、発売に関しては、「Huawei」にとって「Huawei Nova4」を発表し、先に発売することが判明していました。詳細は「コスパという最大の魅力を全面に押し出して。「Huawei Nova4」が「12月17日」に正式発表へって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Huawei Nova4」が正式に発表されたことにより、そのスペックの全貌が明らかになっており、他の機種とは大きく異なり「4800万画素」のモデルと「2000万画素」のモデルとカメラのスペックで大きく分かれており、その価格に関してもかなりコストパフォーマンスに優れていることが判明しています。詳細は「「Huawei P20 Pro」より魅力的な機種。「Huawei Nova4」が5万円台で発売にって話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、一部の国が対象で「Huawei Nova4」の発売を開始したことが判明したと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


いよいよ発売開始に。

さて今回の情報によると、「Huawei Nova4」が「JD.com」と「Huawei’s Vmall」で発売を開始したと報告しており、Samsungの「Galaxy A8S」が「12月31日」に発売を開始することからも、ぎりぎり「Huawei Nova4」のほうが先にに発売開始になったと考えることができます。

価格に関しても限定価格になりますが、2000万画素モデルが「CYN3099」になり、「4800万画素」モデルが「CYN3399」になるとしています。つまり日本円で約「4万9000円」と「5万4000円」になると考えることができます。「Huawei P20 Pro」と似たようなデザインを採用しているうえで、「トリプルレンズカメラ」の搭載などと、かなりハイスペックでありながら、5万円台で購入できることを考えれば、かなりコストパフォーマンスに優れていると考えることができます。

日本国内でも「Huawei Nova3」が発売されており、さらに人気ランキングで上位にいることからも、日本でも「Huawei Nova4」も同様に展開される可能性が高いと予測されています。日本でも発売次第、結構人気を集める可能性が高いですよね。早くも「ハイエンドモデル」である「Huawei P30 Pro」のリーク情報もでており、「デザイン」や「スペック」の一部が判明しています。詳細は「「クアッドレンズカメラ」に「水滴型ノッチ」。次期「Huawei P30 Pro」のデザインが判明にって話。」をご参照下さい。

「ハイエンドモデル」も目が離せないですが、「ミドルレンジモデル」も目が離せないですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧