• HOME
  • ブログ
  • Xperia XZ3
  • 忍耐強く辛抱した結果。「Xperia XZ3」は新しい「Xperia」の方向性を示したって話。

忍耐強く辛抱した結果。「Xperia XZ3」は新しい「Xperia」の方向性を示したって話。

先日の情報からも、「Xperia XZ3」は「Xperia」初となる「有機ディスプレイ」を搭載していることからも、その「ディスプレイ」が高く評価されており、一部海外メディアの評価では、「Xperia XZ3」はアンチ「Xperia」ユーザーを「最新」かつ「最初」の虜にする機種になる可能性が高いと予測されています。詳細は「「最新」にして「最初」の機種に。「Xperia XZ3」はアンチ「Xperia」ユーザーを虜にする最初の機種にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「スペック」にしろ「デザイン」にしろ、「カメラ」にしろ非常に完成度の高い「Xperia XZ3」ですが、海外サイトの評価において、今年最も過小評価された機種の一つに選ばれており、単純に考えれば、「Sony」の「マーケティング」戦略のミスである可能性が高いと考えることができます。詳細は「SONYのマーケティングミス?「Xperia XZ2 Compact」と「Xperia XZ3」が今年最も過小評価された機種にランクインって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Xperia XZ3」は先日の海外サイトの評価と同じく、今年最も過小評価された機種の一つに選ばれていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


過小評価された機種の一つ。

さて今回同サイトによると、Sonyは過去数年間において、ユーザーから厳しい評価を下される厳しい時間を過ごすことになりましたが、「Xperia XZ3」はSonyの新しい方向性を示した機種になったとしています。少なくとも「デザイン」に関しては、今年発表された機種の中でも最高クラスのデザインをすることに成功したとしています。

またスペックに関しても、「Galaxy Note9」や「Huawei Mate20 Pro」と比較すると物足りなさもある一方で、最高クラスの「有機ELディスプレイ」に、デュアルフロントステレオスピーカー」、防水・防塵機能などに「ワイヤレス充電」など、ハイエンドモデルに必要なスペックをすべて網羅していると高評価をしています。

ただ残念かつ唯一足りないのが、「デュアルレンズカメラ」であると評価しています。ただ、「シングルレンズカメラ」でありなが、「デュアルレンズカメラ」と遜色のない、写真を撮影することが可能であり、さらに「ISO12800」に対応するなど、低照度の撮影条件にも対応していることは忘れてはいけませんとしています。

ここ数年Sonyにとって非常に厳しい数字となっていますが、「Xperia XZ3」はSonyが新しい方向性を示すには十分の機種だっとと評価しており、次期「Xperia XZ4」以降の機種にはますます期待がかかると考えることができます。先日の情報からも「Xperia XZ4」は「4K」の表示解像度に対応する可能性が高く、さらに「トリプルレンズカメラ」を搭載すると予測されています。

ただその反面、本体価格においても「Xperia」史上最高クラスの価格設定になる可能性が高いと予測されています。そうなってくると、ハイエンドモデルでありながら、価格が控えめな「Xperia XZ3」はおすすめの機種の最有力候補の一つとして考えることができます。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧