• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • エントリーモデルでも悪くはない。「Galaxy S10 Lite」は「ワイヤレス充電」に対応かもって話。

エントリーモデルでも悪くはない。「Galaxy S10 Lite」は「ワイヤレス充電」に対応かもって話。

先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズは3モデル構成になると予測されており、「Galaxy S10 Edge」と「GAlaxy S10+」は「Edgeスタイル」を。「エントリー」モデルである「Galaxy S10 Lite」はフラットなデザインを。「Galaxy S10 Lite」のみがまた「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載せず、「側面」に搭載されている可能性が高いと予測されています。詳細は「3モデル構成の「Galaxy S10」シリーズ。「Galaxy S10 Lite」は思ったよりスペックが控えめかもって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズは「iPhone XR」と「iPhone XS」シリーズを強く意識している可能性が高いとされており、「ディスプレイ」サイズに加え、本体カラーも「Galaxy S10 Lite」が「6色」展開に。「Galaxy S10」シリーズが「4色」展開になる可能性が高いと予測されています。詳細は「「iPhone XR」を強く意識している?次期「Galaxy S10 Lite」は「6色」「Galaxy S10」は「4色」にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy S10 Lite」は「ワイヤレス充電」に対応している可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「ワイヤレス充電」に対応へ。

さて今回公開された来年の初頭に登場が予測されている「Galaxy S10 Lite」のレンダリング画像が上記の画像になります。事前情報通り「Galaxy S10 Edge」と共通に、「infinity O」を搭載していることを確認することができます。フラットなディスプレイを搭載していることを確認することができ、さらに「イヤホンジャック」を搭載していることを確認することができます。

さらに「USB-C」を搭載していること、そして左側に「音量ボタン」が搭載されていることを確認することができます。そして今回のレンダリング画像において「ワイヤレス充電」に対応している可能性が高いと考えることができます。このことからも「Galaxy S10 Lite」が他の「Galaxy S10」シリーズと大きく異なるのは「Edgeスタイル」を採用してないこと。そして付随して「側面」に「指紋認証」を搭載していることくらいでしょうか。

Samsungにとって「Galaxy S10」シリーズは絶対に失敗が許されない機種となっています。さらに今回の情報では触れていませんが、最上位モデルである「Beyond X」は「6.7インチ」と「6つ」のカメラを搭載していると予測されています。詳細は「「5G」に対応した特別モデルはまさに特別。「6.7インチ」のディスプレイに「6つ」のカメラを搭載にって話。」をご参照下さい。

「エントリーモデル」扱いでありながら、この完成度の高さを見れば、「Galaxy S10」シリーズ全体にかなり期待ができると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧