• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 「Xperia XZ4」が売れるかどうかの命運は「ドコモ」に?「5G」対応が大きな仇になるかもって話。

「Xperia XZ4」が売れるかどうかの命運は「ドコモ」に?「5G」対応が大きな仇になるかもって話。

先日の情報からも、次期「Xperia XZ4」は「4G」に対応したモデルと「5G」に対応した特別モデルが存在していると予測されていますが、この「5G」に対応した特別モデルは、「Xperia XZ4」として登場するのか、「Xperia XZ4 premium」として登場するのか、それとも「Xperia」生誕10周年記念モデルとして登場するのか判然としない状況にあります。詳細は「次期「Xperia XZ4」の「5G」対応モデルは別の名称へ。10周年の特別記念モデルとして登場かもって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも次期「Xperia XZ4」の「4Gモデル」と「5G」モデルのスペックがリークしており、少なくとも「4G」モデルと「5G」モデルがそれぞれに「4K」に対応している可能性が高いと予測されており、表示解像度が違えど、「Xperia XZ4 premium」は登場しない可能性があると予測されています。詳細は「「Xperia XZ4 premium」の存在を否定に?次期「Xperia XZ4」の表示解像度が判明にって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、次期「Xperia XZ4」が「5G」に対応しているだけでは、販売の拡大に繋がらない可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「ドコモ」が重要な手助けに?

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

Probably all brands will have 4G an,d 5G version for flagships because 5G wont be available in most of the places before 2022.
I think that 200 dollars more for 5G is too much.
I would not buy it.
200 -300 more was tipped by someone from OnePlus.

Docomo seems to be ready, but I am not sure if it wil help Sony Mobile.

さて今回の投稿によると、「2022年」には「5G」の環境整備がある程度整っている可能性が高いとしながら、「5G」に対応することによって、「$200」程度価格が上昇するのは、ちょっと痛いとしています。ただ多くのブランドは今後、「4G」モデルと「5G」モデルの2種類をラインナップしていく可能性が高いとしています。

その上で、ドコモは「5G」の準備が順調に整うだろうとしていますが、このことが「SONYモバイル」の手助けになるかどうかは定かではないとしています。つまり「Xperia XZ4」の大きな特徴の一つである「5G」に対して、「ドコモ」が通信環境を整えたとしても、その結果、「Xperia XZ4」に繋がるとは言えないと考えることができます。

今回の投稿でも触れていますが、「5G」に対応することで、本体の原価コストは大幅に上昇すると予測されており、さらに「Xperia XZ4」自体が「有機ELディスプレイ」に「トリプルレンズカメラ」を搭載することによって、「4G」モデルでさえ「Xperia」史上最高クラスの価格設定になると予測されています。詳細は「「5G」モデルは「Xperia」史上最高の価格設定に。次期「Xperia XZ4」の「4G/5G」モデルの価格が判明にって話。」をご参照下さい。

さらに先日の情報では、「ドコモ」は来年から「分離プラン」を導入すると予測されていることからも、ユーザーの端末代の負担はかなり大きくなると考えることができます。ただ、これは「SONY」が今までキャリアの販売に大きく依存して結果でもあると考えることができます。一部情報では、「SIMフリー」モデルが展開されると予測されている中、「5G」に対応した「Xperia XZ4」がどのような実績を生み出すのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧