• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • 通知の仕方がちょっとおしゃれに。「Galaxy S10」シリーズの「LED通知」の搭載場所が判明にって話。

通知の仕方がちょっとおしゃれに。「Galaxy S10」シリーズの「LED通知」の搭載場所が判明にって話。

先日の情報からも、来年の初頭に登場が予測されている次期「Galaxy S10」シリーズですが、「ディスプレイサイズ」が判明しており、そのディスプレイサイズからも「iPhone XS」や「iPhone XR」を強く意識した仕様になっていることが判明しており、さらには「Galaxy S10」シリーズの正式名称も判明しております。詳細は「最上位モデル「Beyond X」は本当に存在するのか。次期「Galaxy S10」シリーズ3モデルの正式名称が判明にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズの最上位モデルである「Beyond X」に関して、その存在があまり判然としない状況にありますが、少なくとも「Galaxy S10」シリーズと同じく、「infinity O」を採用している可能性が高く「Gaalxy S10 Edge」と同じく「Edgeスタイル」を採用している可能性が高いと予測されています。詳細は「「5G」に対応した特別モデルはまさに特別。「6.7インチ」のディスプレイに「6つ」のカメラを搭載にって話。」ご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、次期「Galaxy S10」シリーズの通知の方法が判明したとしており、「パンチホール」式のノッチを最大限を活かしていると報告しているので簡単にまとめたいと思います。


おしゃれな通知方式。

さて今回同サイトによると、「infinity O」を採用することがほぼ確定しつつある「Galaxy S10」シリーズですが、その通知方式は上記の画像から確認できるように「infinity O」を最大限に活かした通知方法になっていることを確認することができます。まさに「パンチホール式」のノッチの周辺にリング状となって、発色していることを確認することができます。

また今回合わせて公開された画像のほうが確認しやすく、「ノッチ」部分が綺麗に発色していることを確認することができます。今までにはない通知方式であるからこそ、新鮮味があり、さらにちょっとおしゃれに感じますよね。またユーザーの設定によって、通知のカラーを変更することが可能であると考えることができます。

「infinity O」自体がSamsungにとってまだまだ手探りの状態であると考えることができ、さらに、フルスクリーンデザインを採用できるまでの間のほんのひと時のデザインかもしれませんが、逆に言えば、「infinity O」を活かせる貴重な機種になると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧