• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • 「Galaxy」史上最大クラスのディスプレイを搭載に。「Galaxy S10」と「Galaxy Note10」のディスプレイサイズが判明にって話。

「Galaxy」史上最大クラスのディスプレイを搭載に。「Galaxy S10」と「Galaxy Note10」のディスプレイサイズが判明にって話。

先日の情報からも、来年の後半に登場が予測されている「Galaxy Note10」ですが、「Galaxy」シリーズとして初の「4K」の表示解像度に対応する可能性が高いと予測されており、いい意味でまるで悪魔のような超高精細な「6.7インチ」のディスプレイを搭載する可能性が高いと予測されています。詳細は「悪魔のような超高精細なディスプレイを。「Galaxy Note10」はやはり「4K OLED」を搭載かもって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、来年の初頭に登場が予測されている「Galaxy S10」シリーズですが、ベースモデルである3モデルに加えて「5G」に対応した「Beyond X」が登場すると予測されており、それぞれのディスプレイサイズが判明しています。詳細は「合計で5つのカメラを搭載に。次期「Galaxy S10」シリーズは「Galaxy S9」シリーズより僅かに大型のディスプレイを搭載にって話。」をご参照下さい。

さて今回リーカーとして非常に定評のあるIce Universe氏が自身のTwitterにおいて、次期「Galaxy S10」シリーズと、「Galaxy Note10」のディスプレイサイズをTweetしていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「ディスプレイサイズ」が確定に。

 

さて今回同氏がTweetした内容は以下のようになります。

The exact size of the future Galaxy phone screen:

S10 Lite: 5.75 inches

S10: 6.11 inches

S10+: 6.44 inches

S10 5G version: 6.66 inches

Note10: 6.75 inches

同氏のリーク情報は過去の実績を鑑みてもかなり信憑性が高いと判断することができます。また「ディスプレイサイズ」は基本四捨五入された状態で表記される場合が多いため、「Galaxy S10 Lite」は「5.8インチ」、「Galaxy S10」は「6.1インチ」、「Galaxy S10+」は「6.4インチ」、そして「Beyond X」は「6.7インチ」、「Galaxy Notoe10」は「6.8インチ」になる可能性が高いと判断することができます。

また先日の情報からも、「Galaxy S10」は「Edgeブランド」が復活されると予測されており、その正式名称は「Galaxy S10 Edge」になる可能性が高いと考えることができます。詳細は「「Galaxy S7 Edge」以来の復活に。次期「Galaxy S10」シリーズでは「Edge」ブランドが復活かもって話。」をご参照下さい。

そして未だ正式名称が全く判然としないのが、「Galaxy S10+」の「5G」モデル。コードネーム「Beyond X」です。少なくとも「Galaxy S10+」とディスプレイサイズ含め、全くスペックが異なるため、「Galaxy S10」という名称はついたとしても「+」という名称はつかない可能性が高いと考えることができます。詳細は「「5G」に対応した特別モデルはまさに特別。「6.7インチ」のディスプレイに「6つ」のカメラを搭載にって話。」をご参照下さい。

意外と単純で、「Galaxy S10 premium」とかだったらちょっと面白いですよね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧