• HOME
  • ブログ
  • Huawei P30
  • 遅れるをとる訳にはいかない。次期「Huawei P30 Pro」は「Kirin985」を搭載するかもって話。

遅れるをとる訳にはいかない。次期「Huawei P30 Pro」は「Kirin985」を搭載するかもって話。

先日の情報からも、次期「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」は、「5G」に対応し、「MWC2019」で正式に発表される可能性が高いと予測されており、さらに、詳細なレンダリング画像が公開されており、「水滴型」のノッチに、「クアッドレンズカメラ」を搭載する可能性が高いと予測されています。詳細は「どのデザインでも物欲が地味に刺激される。「Huawei P30 Pro」のレンダリング画像が公開されるって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、「Huawei P30」でさえ「トリプルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いと予測されており、さらに「Huawei P30 Pro」はSONYの新型カメラセンサーである「IMX607」を搭載すると予測されており、画素数は大幅な向上が期待できませんが、アルゴリズムが大きく変更される可能性が高いと予測されています。詳細は「「Huawei Mate20 Pro」より低画素化へ?「Huawei P30 Pro」は「3800万画素」の「IMX607」を採用にって話。」をご参照下さい。

さて今回GizmoChinaによると、次期「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」にはマイナーアップデートされた「Kirin985」を搭載する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


新しいプロセッサーを。

さて今回の情報によると、「AI」に特化した「Kirin980」で「huawei Mate20」シリーズに搭載されたばかりですが、来年の初頭に発表が予測されている「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」を「Kirin985」を搭載する可能性が高いとしています。

今回の情報はXDAの開発者によって判明したとしており、その情報にかなり信憑性があると判断することができます。ただ今回の情報では詳細な仕様は判然としないとしています。しかしながら、過去の例で考えると、「5」がついたSoCは「Kirin950」と「Kirin955」があります。この時は「Kirin950」は「2.3GHz」で動作していましたが、「Kirin955」は「2.5GHz」で動作していました。

つまりこのことからも、「Kirn980」と「Kirin985」を比較した場合、そこまで処理性能が大幅に向上するとは考えにくいです。「Kirin980」が発表された時には、今年最高のCPUになると予測されていましたが、「snapdragon845」には勝るものの、「A12 Bionic」や「A12X Bionic」には到底及ばず、さらに新しく発表された「Exynos9820」や「snapdragon855」にも及んでいないことが判明しています。

つまり「SoC」で市場をリードするかと思いきや、市場で大きく遅れをとっていることからも、「Huawei」は早期にマイナーアップデートはいえ、最新の「Soc」を搭載すると考えることができます。そして先日の情報では「Kirin990」の開発が進んでいるとされていますが、「Huawei Mate30」シリーズに搭載されると考えることができます。詳細は「大幅な処理性能の向上は期待できない?「Huawei」は「Kirin990」の開発に着手したって話。」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧