• HOME
  • ブログ
  • Huawei P30
  • 「クアッドレンズカメラ」に「水滴型ノッチ」。次期「Huawei P30 Pro」のデザインが判明にって話。

「クアッドレンズカメラ」に「水滴型ノッチ」。次期「Huawei P30 Pro」のデザインが判明にって話。

先日の情報からも、次期「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」は「5G」に対応し、MWC2019で正式に発表されると予測されており、リークしたスクリーンプロテクターの大きさからも、「6.4インチ」のディスプレイを搭載した「Galaxy S10+」より大きいことが判明しており、少なくとも「6.4インチ」以上のディスプレイを搭載する可能性が高いと予測されています。詳細は「「6.4インチ」以上の大型ディスプレイに「水滴型」のノッチを採用に。次期「Huawei P30 Pro」のデザインは先進性を感じられないかもって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、次期「Huawei P30 Pro」は、「クアッドレンズカメラ」を搭載すると予測されている一方で、「Huawei P30」に関しては「トリプルレンズカメラ」を搭載すると予測されていることからも、同じ「水滴型」のノッチを採用する一方で、カメラでは大きく差別化される可能性が高いと予測されています。詳細は「専用ケースがリークで判明に。次期「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」はカメラで大きく差別化へって話。」をご参照下さい。

さて今回GizmoChinaによると、次期「Huawei P30 Pro」の新たなレンダリング画像が判明したとしており、「クアッドレンズカメラ」ではなく「トリプルレンズカメラ」になると報告しているので簡単にまとめたいと思います。


「トリプルレンズカメラ」を搭載に。

「Huawei」は「Huawei P20 Pro」で世界初の「トリプルレンズカメラ」を搭載した機種となる一方で、その後継機種である「Huawei P30 Pro」は「クアッドレンズカメラ」を搭載すると予測されている中、「Galaxy A9」シリーズの存在からも世界初の「クアッドレンズカメラ」を搭載した機種には残念ながらなれないとしています。

そして「XDA」の開発者によると、「Huawei P30 Pro」の新たなレンダリング画像が判明したと報告しており、上記の画像が今回判明した画像になります。背面には「クアッドレンズカメラ」を搭載しているように見えますが、実際にカメラとして機能するセンサーは「3つ」になるとしており、もう一つは「TOFセンサー」になるとしています。つまり、「トリプルレンズカメラ」を搭載することになります。

ちなみにこの「TOFセンサー」では、「3Dスキャン」や「モデリング」のために使用されるとしています。そしてカメラセンサーにおいては、「10倍」の光学ズームと、望遠レンズが搭載されると予測されています。そして先日の情報からも、「Huawei P30 Pro」は「IMX607」のSONYの最新のカメラセンサーを搭載すると予測されています。詳細は「「Huawei Mate20 Pro」より低画素化へ?「Huawei P30 Pro」は「3800万画素」の「IMX607」を採用にって話。」をご参照下さい。

そして今回のレンダリング画像を確認する限り、「Huawei Mate20」と同様に「水滴型」のノッチを採用していることを確認することができ、さらに「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載している可能性が高いと判断することができます。「Huawei Mate20 Pro」でもともとかなりの完成度の高さでしたが、「Huawei P30 Pro」ではどのような完成度になるのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧