• HOME
  • ブログ
  • Huawei P30
  • 「クアッドレンズ」カメラは搭載ならず。次期「Huawei P30 Pro」の「背面」のデザインが判明にって話。

「クアッドレンズ」カメラは搭載ならず。次期「Huawei P30 Pro」の「背面」のデザインが判明にって話。

先日の情報からも、次期「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」は「AI」機能をより特化し、「5G」に対応した「Kirin990」を搭載する可能性が高いと予測されており、さらに「Huawei P30 Pro」は「Android」で最大クラスのRAM「12GB」に対応する可能性が高いと考えられています。詳細は「多額の研究開発費の効果あり?「Huawei」は「Huawei P30」シリーズで初の「5G」対応機種としてMWC2019で正式発表にって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、「Huawei P30 Pro」は「クアッドレンズカメラ」に光学「10倍」ズームに対応する可能性が高いと予測されており、「Huawei Mate20 Pro」でさえ世界最高峰のカメラを搭載している中、「Huawei P30 Pro」では、さらにカメラが強化される可能性が高いと予測されています。詳細は「より先進的なカメラを搭載に。「Huawei P30 Pro」はクアッドカメラに光学式10倍ズームに対応かもって話。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、「Huawei P30 Pro」の専用ケースがリークし、「背面」のデザインが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


「専用ケース」がリーク。

さて今回公開された次期「Huawei P30 Pro」の専用ケースとされている画像が上記の画像になります。まず目につくのは、「背面」が「カメラ」と「センサー」以外何もないことです。このことからも、「Huawei Mate20 Pro」と同様に「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載している可能性が高いと判断することができます。

一方で冒頭でも記述しましたが、今回の画像を見る限り「クアッドレンズカメラ」ではなく「トリプルレンズカメラ」を搭載していることを確認することができます。少なくとも先日のHuaweiのCEOへのインタビューにおいて、「トリプルレンズカメラ」でも最高の品質を実現していることに自信があるとしていることからも、下手にカメラを増やさないことを選択したと考えることができます。

ただ一方で同インタビューにおいて、「P」シリーズに「革新性」を投入するとしていることからも、「Huawei P30 Pro」で「トリプルレンズカメラ」であることを考えれば、「Huawei Mate30 Pro」も「トリプルレンズカメラ」である可能性が高いと判断することができます。

次に今回公開された「Huawei P30 Pro」と「Huawei P20 Pro」の専用ケースを比較した画像が上記の画像になります。「Huawei P20 Pro」は「フロント部分に「指紋認証」を搭載している状態で「6.1インチ」のディスプレイを搭載していることからも、仮に「フルスクリーン」デザインを採用すれば、「6.4インチ」程度のディスプレイサイズになると考えることができます。

このことからも「Huawei P30 Pro」は「6.5インチ」以上のディスプレイを搭載している可能性が高いと考えることができ、さらに「Huawei P30 Pro」はカメラセンサー自体もかなり大型化していると考えることができます。ちなみに直近の情報では「IMX607」を搭載すると予測されています。詳細は「「Huawei Mate20 Pro」より低画素化へ?「Huawei P30 Pro」は「3800万画素」の「IMX607」を採用にって話。」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧