• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 見たことがない品質に。次期「Xperia XZ4」のディスプレイは「Xperia XZ3」を簡単に凌駕するって話。

見たことがない品質に。次期「Xperia XZ4」のディスプレイは「Xperia XZ3」を簡単に凌駕するって話。

先日の情報からも、次期「Xperia XZ4」では「Xperia」として初の「トリプルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いと予測されており、直近の情報では、SONYがいまだ未発表である「3800万画素」の「IMX607」を搭載する可能性があると予測されています。詳細は「トリプルレンズカメラに「6.5インチ」の大型ディスプレイを搭載に。「Xperia XZ4」の超精細なレンダリング画像が公開にって話。」と「他社より僅かに進化したカメラを搭載に。次期「Xperia XZ4」は「3800万画素」の「IMX607」を搭載かもって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも「ディスプレイ」は「有機ELディスプレイ」を搭載すると予測されていなる中、「表示解像度」に関する情報が出ており、「2K」以上「4K」未満の表示解像度になる可能性が高いと予測されています。詳細は「「Xperia XZ4 premium」の存在を否定に?次期「Xperia XZ4」の表示解像度が判明にって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、SONYは次期「Xperia XZ4」に今まで見たことのない「画像処理技術」を搭載している可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


見たことがない品質に。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

rumor about image processing. from japan

they developed new image processing using snapdragon’s high performance AI, provide the quality never seen before.

+ Internally, they give reward to the development team.

in internal test, HDR quality exceeded google’s one.

日本からの情報として、SONYは「snapdragon」の高性能な「AI」の機能を使用して新しい画像処理を開発したとしており、この画像処理の品質は今までに見たことがないレベルだとしています。そしてSONYは開発チームに対して報奨金を与えたとしており、それだけ偉大な開発に成功したと考えることができます。

そして内部テストにおいて、HDRの品質は「Google」のそれを超えたとしています。今回の情報が正しければ、開発チームに報酬がでることを考えれば、それこそ相当すごい技術が完成したと考えることができます。「Xperia XZ3」において最高品質の「有機ELディスプレイ」が搭載されました。つまり「ディスプレイ」が大幅に強化されたと考えることができます。

そして「Xperia XZ4」では、「Xperia XZ3」で培った「ディスプレイ」に加え、最高クラスの「画像処理技術」が追加される可能性が高いと判断することができます。「アスペクト比」が「21:9」を採用することで、エンタメ製にかなり特化していると考えることができる中、さらにSONYは最新の技術を搭載してくると考えることができます。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧