• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 逆に高級感がないような。次期「Xperia XZ4」のより実機に近いレンダリング画像が公開にって話。

逆に高級感がないような。次期「Xperia XZ4」のより実機に近いレンダリング画像が公開にって話。

先日の情報からも、SONYは来年の2月に開催が予定されているMWC2019において、新しい方向性を示すとしていたことからも、次期「Xperia XZ4」を発表すると予測されていましたが、直近の情報において、「1月9日」に開催が予定されているCES2019において、例年より約1ヶ月早く正式に発表する可能性が高いと予測されています。詳細は「SONYの新たしい方向性は年明け直後に。「Xperia XZ4」は「1月9日」に正式に発表かもって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも次期「Xperia XZ4」は「5G」に対応したモデルと「4G」に対応したモデルの2種類が存在している可能性が高いと予測されており、さらに、「日本市場」限定の特別モデルも存在している可能性が高いとされていることからも、発売地域に合わせて複数のモデルが存在している可能性が高いと予測されています。詳細は「SONYは日本市場で本気のテコ入れに。次期「Xperia XZ4」は日本限定の特別モデルが存在しているかもって話。」をご参照下さい。

さて今回中国の大手SNSサイトであるWeiboにおいて、次期「Xperia XZ4」の新たなレンダリング画像が公開されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


新たなレンダリング画像が公開に。

さて今回公開された新たなレンダリング画像が上記の画像になります。おそらくですが、画像ではなく、コンセプト動画の一部切り取った画像になると考えることができます。本体の色合いの問題もありますが、正直、「Xperia Z」シリーズでも採用されていた「ガラス」素材ですが、このレンダリング画像だと安っぽく感じるのは気のせいでしょうか。

ただ本体のデザインに関しては、先日リークしたCADを基に作成されたレンダリング画像が基になっていると考えることができます。詳細は「トリプルレンズカメラに「6.5インチ」の大型ディスプレイを搭載に。「Xperia XZ4」の超精細なレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。ただこのレンダリング画像に対して、リーカーとして非常に定評のあるリーカーであるZackbuks氏が以下のようなコメントをしています。

上次不像,这款也不会像//@Vale_Hikaru:上次像HTC,这次像诺基亚//@Zackbuks:正面101分,背面-1分

簡単に訳せば、前回と違って、今回のようなデザインにはならないとしています。つまり今回公開されたレンダリング画像はあくまでも「コンセプト」であって、実際に発表される「Xperia XZ4」とは大きく異なると考えることができます。正直この投稿を見て個人的には安心しました。あくまでも個人的な主観ですが、「ワイヤレス充電」は必要でしょうか。

確かに対応していれば地味に便利です。ただ必須の機能とは思えません。一方で「ワイヤレス充電」に対応することが要因で本体のデザインや材質に制限があることからも、どのメーカーも似たり寄ったりの機種を発表したほうがよほどユーザーにとっては残念な結果に繋がります。だからこそ、ある意味差別化するため、「Xperia XZ1」のような「メタル」素材を採用しているほうがよほどいいように感じます。個人的には「Xperia Z5」に採用されていた「フロストガラス」が復活して欲しいとも思ってしまいます。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧