• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • SONYは日本市場で本気のテコ入れに。次期「Xperia XZ4」は日本限定の特別モデルが存在しているかもって話。

SONYは日本市場で本気のテコ入れに。次期「Xperia XZ4」は日本限定の特別モデルが存在しているかもって話。

先日の情報からも、次期「Xperia XZ4」は「Xperia」として初となる「トリプルレンズカメラ」を搭載している可能性が高いと予測されており、さらに最大「4800万画素」に対応した「IMX700」を採用する可能性が高く、さらに他に「2400万画素」と「1600万画素」のカメラを搭載する可能性が高いとされています。詳細は「最大RAM「8GB」に対応へ。次期「 Xperia XZ4」は「4800万画素」に加え「2400万」+「1600万」のトリプルレンズカメラを搭載にって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、この次期「Xperia XZ4」は「5G」に対応した特別モデルと「4G」に対応したモデルと2種類が存在している可能性が高く、さらに「4G」に対応したベースモデルのスペックが先日にはリークしています。詳細は「「ユーザー」を優先すべきか「キャリア」の思惑か。次期「Xperia XZ4」は「5G」対応モデルと「非対応」モデルの2つが存在しているって話。」をご参照下さい。

さて今回Xperia Blogのコメント欄において、次期「Xperia XZ4」は日本市場向けの特別モデルが存在している可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


特別モデルが存在に。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

XZ4 the special edition for Japan will have a fingerprint + power button and a 3.5mm Jack

今回の投稿によると、次期「Xperia XZ4」は日本市場向けの特別モデルが存在しており、「指紋認証」と「電源ボタン」が搭載されており、さらに「イヤホンジャック」が搭載されているとしています。このことからも「イヤホンジャック」は別の話として、「グローバルモデル」に関しては、「Xperia XZ1」までのように「電源ボタン」と「指紋認証」が統合されている可能性が高いと判断することができます。

また「Xperia XZ2」シリーズで「イヤホンジャック」が廃止になり、かなりのユーザー離れを起こしたとされていますが、「Xperia XZ4」で先日リークした「Xperia XZ4 Compact」においても「イヤホンジャック」が復活することによって、ユーザーから大きな反響を生み出すと考えることができます。

ただ冷静に考えれば、「Xperia」はアメリカでの特許の問題があることからも、「Xperia XZ1」シリーズまでは「アメリカ市場」で販売されている機種限定で、「指紋認証」が無効化されていました。この対策として「Xperia XA2」シリーズをはじめとして「背面」に「指紋認証」が搭載されたという経緯があります。

このことからも、日本国内で発売されるモデルに関しては特許のしがらみがないため「電源ボタン」と「指紋認証」が統合されていても構わず、逆に「グローバルモデル」に関しては「電源ボタン」と「指紋認証」が別々に採用されていたほうが、アメリカ市場でもすんなり発売できると思ってしまうのですが。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧