• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 日本では展開されない可能性も。「Xperia XZ4 Compact」は「ミドルレンジモデル」に確定かって話。

日本では展開されない可能性も。「Xperia XZ4 Compact」は「ミドルレンジモデル」に確定かって話。

先日の情報からも、SONYは来年の2月に開催が予定されているMWC2019において、新しい方向性を示した次期「Xperia」を正式に発表する可能性が高いと予測されており、先日にはCADを基に作成された「Xperia XZ4」のレンダリング画像が公開されており、さらに「Xperia XZ4」は「1モデル」構成になる可能性が高いと予測されています。詳細は「ユーザーをもう惑わせない。SONYはMWC2019で「Xperia XZ4」の1モデル構成で、新しい方向性を示すって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、CADを基に作成された次期「Compact」モデルのレンダリング画像が公開されており、「シングルカメラ」や「太いベゼル」を採用していること、そして「電源ボタン」と「指紋認証」が統合されていることからも、「ハイエンドモデル」ではない可能性が高いと予測されています。詳細は「ハイエンドコンパクトモデルが終焉え。「Xperia XZ4 Compact」のレンダリング画像が登場でMWC2019で発表へって話。」をご参照下さい。

さて今回リーカーとして非常に定評のあるZackbuks氏が、中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、次期「Xperia XZ4 Compact」は「ハイエンドモデル」ではないと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


ミドルレンジモデル扱いに。

さて今回投稿された内容は以下のようになります。

不是旗舰,也不是全球型号。

今回の投稿によると、この「Xperia XZ4 Compact」とされている機種は「ハイエンドモデル」ではないとした上で、「グローバルモデル」になる可能性が高いと投稿しています。先日レンダリング画像が公開されたときに、一部スペックに関しても言及されていましたが、残念なことに「SoC」に関しては何も言及されていませんでした。

一方で先日の情報からも「Xperia XZ4 Compact」のスペックと日本国内での価格に関してリークされており、この時は「snapdragon855」を搭載している可能性が高いと予測されていました。詳細は「実質負担金は「1万7000円」から。ドコモ版「Xperia XZ4 Compact」の本体価格が判明にって話。」をご参照下さい。

正直なところ、同氏は「Xperia XZ2 premium」の発表を的中したり、「Xperia XZ3」が「有機ELディスプレイ」を搭載することを的中した実績があることからも、同氏の今回の投稿のほうが信憑性が高いと判断することができ、「Xperia XZ4 Compact」は少なくとも「snapdragon855」を搭載しない可能性が高いと考えることができます。

ただこうなってくると、名称に関してもやはり「Xperia XZ4 Compact」ではない可能性が高いと考えることができます。また「指紋認証」が「電源ボタン」に統合されている可能性が高いと考えれば、「アメリカ市場」では、発売されないもしくは無効化されている可能性も高く、また「ミドルレンジモデル」扱いとなれば、発表されるタイミングも判然としませんよね。

一部情報では、「Xperia XA3」が日本で展開される可能性が高いと予測されている一方で、この「Xperia XZ4 Compact」も日本で展開されるのでしょうか。過去に「Xperia X Compact」が唯一展開されたことがありますが、それ以外展開された実績はなく、もし展開されたとしても「ドコモ」専売になる可能性が高いと判断することができます。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧