• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • 合計で5つのカメラを搭載に。次期「Galaxy S10」シリーズは「Galaxy S9」シリーズより僅かに大型のディスプレイを搭載にって話。

合計で5つのカメラを搭載に。次期「Galaxy S10」シリーズは「Galaxy S9」シリーズより僅かに大型のディスプレイを搭載にって話。

先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズでは、「infinity O」を採用する可能性が高いと予測されている一方で、「ディスプレイサイズ」に関しては現行の「Galaxy S9」シリーズと変更がないとされていることからも、「Galaxy S10」シリーズは、「Galaxy S9」シリーズより小型化する可能性が高いと予測されていました。詳細は「本体が大幅に小型化する可能性も。「Galaxy S10」は「フルスクリーン」を採用でも「ディスプレイサイズ」が現状維持って話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズのCADを基に作成されたレンダリング画像や、モックアップ画像が多数リークしていることからも、「Galaxy S9」シリーズと「Galaxy Note9」を融合されたようなデザインを採用している可能性が高いと予測されています。詳細は「本体カラーによってデザインが異なるかも。「Galaxy S10+」の実機画像がリークしたって話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、次期「Galaxy S10」シリーズ3モデルのディスプレイサイズが判明したと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


ディスプレイサイズが判明に。

 

さて今回の情報はリーカーとして非常に定評のあるEvan Blass氏がリークした専用ケースから次期「Galaxy S10」シリーズのディスプレイサイズを自身のTwitterに投稿していることで判明したとしており、その情報にかなり信憑性があると判断することができます。そして今回同氏によって公開された「Galaxy S10」シリーズのディスプレイサイズが上記の画像になります。

「Galaxy S10 Lite」が「5.8インチ」となっているのは事前情報とも同じでしたが、「Galaxy S10」は「6.1インチ」と「Galaxy S10+」は「6.4インチ」と事前情報の「5.8インチ」と「6.3インチ」から僅かながらディスプレイサイズが大型化していることを確認することができます。

また先日の情報からも「Galaxy S10+」は「顔認証」を搭載すると予測されており、そのために「ピアス式」の「ノッチ」が2つ必要であると予測されてきましたが、今回の情報によると、「Galaxy S10+」のみが「デュアルフロントレンズカメラ」を搭載する可能性が高いとしています。「Galaxy S10+」は「トリプルレンズカメラ」を搭載すると予測されていることからも、合計で「5つ」のカメラを搭載することになります。

一方で今回の情報には言及されていませんが、ここに「6.7インチ」に「6つ」のカメラを搭載した最上位モデルである「Beyond X」が追加される形になります。詳細は「「5G」に対応した特別モデルはまさに特別。「6.7インチ」のディスプレイに「6つ」のカメラを搭載にって話。」をご参照下さい。この「Beyond X」を含めて合計4モデル展開になることを考えると、Samsungは次期「Galaxy S10」シリーズにかなり力を入れていると考えることができます。正式発表まで後2ヶ月ちょっとです。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧