• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • 本体カラーによってデザインが異なるかも。「Galaxy S10+」の実機画像がリークしたって話。

本体カラーによってデザインが異なるかも。「Galaxy S10+」の実機画像がリークしたって話。

先日の情報からも、来年の初頭に開催が予定されているMWC2019において、Samsungは、「Galaxy S10」シリーズを正式に発表する可能性が高いと予測されており、先日にはCADを基に作成されたレンダリング画像が公開されており、そのデザインはほぼ確定しつつあります。詳細は「デザインが確定に。「Galaxy S10+」のCADを基に作成されたレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズは「Galaxy S10 Lite」を含めた3モデル構成に加え、さらにコードネーム「Beyond X」と、「6つ」のカメラに「6.7インチ」の大型ディスプレイを搭載したプレミアムモデルが展開される可能性が高いと予測されており、特にこの「Beyond X」は生産台数が非常に限定される可能性が高いと予測されています。詳細は「「Galaxy S10」シリーズ最高のプレミアムモデル「Beyond X」がロシアで認証通過。「グローバル」展開は必須にって話。」をご参照下さい。

さて今回SlashGearによると、「トリプルレンズカメラ」を搭載した「Galaxy S10+」の実機画像がリークしたと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

実機画像がリークに。

さて同サイトがリークしたと報告している実機画像が上記の画像になります。先日の情報からも、次期「Galaxy S10」が「デュアルレンズカメラ」、そして「Galaxy S10+」が「トリプルレンズカメラ」になるとされており、上記の画像からも「トリプルレンズカメラ」を搭載していることからも、「Galaxy S10+」である可能性が高いと判断することができます。

また上記の画像においても、同様に「Galaxy S10+」の実機画像であるように見えます。1枚目の写真は「カメラレンズ」が「黒」一色となっていましたが、2枚目においてはカメラレンズのカラーが異なることを確認することができます。つまり本体のカラーによって、カメラのカラーも異なると考えることができます。

ただ「トリプルレンズカメラ」なのでちょっと違いますが、「1枚目」の画像では、どちらかついえば「Galaxy Note8」のようなデザインをしており、「2枚目」の画像を確認する限りでは、「Galaxy Note9」のようなデザインを採用していることを確認することができます。まさに「デュアルレンズカメラ」を搭載すると予測されている「Galaxy S10」で比較すれば、「Galaxy Note9」や「Galaxy Note8」とそっくりなデザインになりそうですよね。

「ハイエンドモデル」としては、初となる「トリプルレンズカメラ」を搭載する「Galaxy S10+」ですが、そのデザインがほぼ確定しつつある中、スペックがどのように仕上がるのか非常に楽しみですよね。ただ、「5G」に対応することからも「Galaxy S10」シリーズは値上がりすると予測されている中、デザインが似ている「Galaxy Note9」の本体価格が下がり始めているので気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧