• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • デザインの刷新で「Galaxy」の復活になるか。次期「Galaxy S10+」のモックアップがリークしたって話。

デザインの刷新で「Galaxy」の復活になるか。次期「Galaxy S10+」のモックアップがリークしたって話。

先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズは、「ディスプレイ」に「インカメラ」と「指紋認証」が統合されると予測されていましたが、「指紋認証」は確実に統合されると予測されている中、「インカメラ」に関しては、先日の情報からも「infinity O」を採用することからも、「ピアス式」のノッチスタイルを採用する可能性が高いと予測されています。詳細は「フルスクリーンデザインをお預けに。「Galaxy S10」は「infinity 0」を採用かもって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも「infinity O」を採用した「Galaxy S10」のコンセプト動画が公開されており、さらに先日Samsungが行なった「5G」のデモにおいて、「デュアルレンズカメラ」を搭載していることからも、「Galaxy S10」のプロトタイプらしき機種が実際に使用されていることが判明しています。詳細は「ついに実機画像がリークに?「Galaxy S10」が「5G」のデモで登場にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy S10」の「フロントパネル」と、「モックアップ」がリークしたと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「モックアップ」がリーク。

さて今回リークしたモックアップ画像が上記の画像になります。先日に公開されたCADを基に作成されたレンダリング画像と全く同じデザインを採用していることを確認することができ、「infinity 0」を採用していることを確認することができます。

ただ上記の画像から判断できないのは、本体右上部に「ノッチ」部分です。先日の情報からも「エントリー」モデルである「Galaxy S10 Lite」は「虹彩認証」を搭載しないと予測されていますが、一方で「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」は「虹彩認証」を搭載すると予測されています。つまり「虹彩認証」を搭載するための各種センサーを搭載する必要性があります。

ただ、上記の画像において、「インカメラ」を2つ搭載しているようにも見えます。先日の情報からも「デュアルレンズフロントカメラ」を搭載するのは、「Galaxy S10」シリーズのなかでも特別モデルである「Beyond X」のみになるとされています。詳細は「「5G」に対応した特別モデルはまさに特別。「6.7インチ」のディスプレイに「6つ」のカメラを搭載にって話。」をご参照下さい。

やはり上記の情報からも、「インカメラ」と「虹彩認証」ということでしょうか。デザインが一緒にみえるため正直なんとも言えないですよね。また今回の情報では「Galaxy S10+」のモックアップ画像とされていることからも、「トリプルレンズカメラ」が背面に搭載されている可能性が高いと予測されています。

フルスクリーンデザインに、あまり邪魔にならない「インカメラ」部分のノッチスタイルと、「Galaxy S9」シリーズと異なり、大きくデザインが変更されています。どのような反響を生み出すのか非常に気になるところです。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧