• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • デザインが確定に。「Galaxy S10+」のCADを基に作成されたレンダリング画像が公開にって話。

デザインが確定に。「Galaxy S10+」のCADを基に作成されたレンダリング画像が公開にって話。

先日の情報からも、来年の2月に開催が予定されているMWC2019において、Samsungは4つ「Galaxy S10」シリーズを正式に発表する可能性が高いとされており、特に「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」は、新しくデザイン言語である「infinity O」を採用する可能性が高いと予測されています。詳細は「フルスクリーンデザインをお預けに。「Galaxy S10」は「infinity 0」を採用かもって話。」をご参照ください。

一方で、先日まで公開されたレンダリング画像だと「ピアス式」のノッチが「1つ」しかない画像がほとんどでしたが、直近の情報では、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」は「インカメラ」に加え、「顔認証」を搭載するため、各種センサーを搭載することが必要なことからも、「ピアス式」のノッチを2つ採用する可能性が高いと予測されています。詳細は「理想の「infinity O」を実現できずか。次期「Galaxy S10」はフロント部分に「ピアス式」ノッチが2つ搭載かもって話。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、次期「Galaxy S10+」のCADを基に作成されたレンダリング画像が公開し、さらにその上で、詳細なレンダリング画像が公開されたことを報告しているので簡単にまとめたいとも思います。


レンダリング画像が公開に。

 

さて今回公開されたレンダリング画像が上記の画像になります。リーカーとして非常に定評のある「Onleaks氏」によって、CADを基に作成されたレンダリング画像としているので、そのデザインはほぼ100%確定したと考えることができます。先日の情報とその多くが一致しており、「2つ」の「ピアス式」ノッチを採用していること。そして背面は「並行型」の「トリプルレンズカメラ」を搭載していることを確認することができます。詳細は「確実により洗練されたデザインに。「Galaxy S10」シリーズのカメラのデザインが判明にって話。」をご参照ください。

一方で、地味に先日の情報と異なるのは「ノッチ」の搭載場所が、先日までだと本体上部の左側にありましたが、今回のレンダリング画像を確認すると本体上部の右側にあることを確認することができます。

また角度を変えてみると、「Galaxy S10+」は「イヤホンジャック」を搭載していることを確認することができます。このことからも「Galaxy」シリーズで「イヤホンジャック」を搭載する最後の機種になると考えることができます。詳細は「より大型のバッテリーを搭載するために。「Galaxy Note10」は「イヤホンジャック」をついに廃止へって話。」をご参照下さい。

また「Galaxy S10 Lite」は「フラット」なデザインになると予測されていた一方で、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」は「Edgeスタイル」を採用することを確認することができます。今回のレンダリング画像を確認する限り、「Galaxy S」シリーズのデザインの良さを活かしつつも背面はまさに「Galaxy Note9」のようになっていることを確認することができます。人によって「Galaxy Note9」で十分と思えるかもしれませんね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧