• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 「ユーザー」を優先すべきか「キャリア」の思惑か。次期「Xperia XZ4」は「5G」対応モデルと「非対応」モデルの2つが存在しているって話。

「ユーザー」を優先すべきか「キャリア」の思惑か。次期「Xperia XZ4」は「5G」対応モデルと「非対応」モデルの2つが存在しているって話。

先日の情報からも、Samsungは2019年でちょうど10周年の記念すべき年において、chord name「Beyond X」と「6.7インチ」に合計「6つ」のカメラに「5G」に対応した特別モデルを発表すると予測されている中、SONYは次期「Xperia XZ4」を10周年記念モデルとして発表する可能性が高いと予測されています。詳細は「生誕10周年記念を祝うモデルは特別じゃないかも。「Xperia XZ4」が記念モデル扱いかもって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、国内における「5G」のプレサービスは「2019年」の「9月」以降であることが判明しており、上期に登場が予測されている「Xperia XZ4」は最大の恩恵を受けることはなく、本格的にその恩恵を受けることができるのは、下期に登場する次期「Xperia XZ5」シリーズになると予測されています。詳細は「「5G」の本命は「Xperia XZ5」以降に。「Xperia XZ4」シリーズはあくまでも「5G」に対応する最初の「Xperia」にすぎないって話。」をご参照下さい。

さて今回Redditにおいて、次期「Xperia XZ4」は2つのモデルが存在しており、日本国内では「5G」に対応したモデルが展開される可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「5G」対応モデルが展開に。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

new xperia with SD8150 will have at least 2 versions.

one with 5G supported and one without

Japanese operator such as NTT most certainly will carry 5g supported version.

But in those regions/countries where mobile carriers don’t carry this xperia (in other word, sim free only) , it highly unlikely to have 5G supported one.

今回の投稿によると、次期「Xperia XZ4」は「snapdragon8150」を搭載したモデルが2つ存在しているとした上で、片方は「5G」に対応していること。そしてもう片方は「5G」に対応していないとしています。ただ日本国内において、ドコモなどは「5G」に対応したモデルを展開する可能性が高いとしています。

日本国内の通信環境に関して、「au」は判然としない状況にありますが、「ドコモ」と「ソフトバンク」に関しては同時期に「5G」を開始してくることが判明していることからも、「ドコモ」に限らず「ソフトバンク」に関しても「5G」対応モデルを展開する可能性が高いと考えることができます。

一方で気になるのは「5G」の通信環境がまともに整備されていない状況下で「5G」対応モデルを展開する必要性があるのかということになります。少なくとも「Galaxy S10」に関しては、「5G」に対応することによって、本体の原価コストが大幅に上昇すると予測されていることからも、「5G」対応モデルと非対応モデルで分離させたとされています。

この状況を考えると、「5G」対応モデルを展開するのは「キャリア」の勝手であって、ユーザー視点での考えではない可能性が高いと考えることができます。現状の「4G」でさえ、最大下り速度を享受できることはほとんどありません。このことを考えれば、ユーザーにとっては、不透明な通信環境に対して、多額の本体コストを支払わなければいけない状況になります。

実際には「5G」対応モデルを展開するかは判然としません。ただ今回の情報が正しければ、ドコモのことなんで「5G」対応モデルを展開しそうですよね。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧