• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • リークと全く異なり「Galaxy Note9」とそっくりに?「Galaxy S10」の専用ケースとデザインが判明にって話。

リークと全く異なり「Galaxy Note9」とそっくりに?「Galaxy S10」の専用ケースとデザインが判明にって話。

先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズは4モデル構成になることが判明しており、そのうちの「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」に関しては、従来と同じく「Edgeスタイル」を採用した上で、先日の開発者会議で発表された新しいデザイン言語の一つである「infinity O」を採用する可能性が高いと予測されています。詳細は「まさにベゼルレス。次期「Galaxy S10」シリーズのスクリーンプロテクターがリークしたって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズはより大型バッテリーを搭載するために「平行型」の「カメラ」を搭載する可能性が高いと予測されていた中、次期「Galaxy S10」シリーズのカメラデザインを示唆したイラストがリークしており、平行型のデュアルレンズカメラもしくはトリプルレンズカメラを搭載していることが確実だと考えることができます。詳細は「過去最大級のアップデートに。「Galaxy S10」シリーズのカメラの詳細なスペックがリークにって話。」をご参照下さい。

さて今回GizmoChinaによると、次期「Galaxy S10」の専用ケースがリークしたことを報告しており、その全体のデザインからも「Galaxy Note9」とそっくりなデザインになっていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


デザインが判明に?

さて今回リークしたとされる次期「Galaxy S10」の専用ケースと、「Galaxy S10」のレンダリング画像が上記の画像になります。ただ今回のレンダリング画像はかなり気になる点があります。まず、「Galaxy S10」なので「デュアルレンズカメラ」が搭載されること。そしてカメラは「平行型」になることは事前情報と一致しています。ただ「カメラレンズ」の横に「指紋認証」らしきものが搭載されていることを確認することができます。

つまり先日の情報とは異なり「Galaxy S10」では「超音波式」の「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載しないということなのでしょうか。詳細は「価格に合わせた相応のスペックを。「Galaxy S10」シリーズは2種類の異なる「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載にって話。」をご参照下さい。

そして次に気になるのは「infinity O」が採用されておらず、従来の均一なベゼルを採用していることです。少なくとも今回のデザインを見る限りは「Galaxy Note8」や「Galaxy Note9」とそっくりなデザインであることを確認することができます。同サイトは、独占かつ速報として報告していますが、正直事前情報と大きく異なるため信ぴょう性に疑問が残ります。

仮に今回のレンダリング画像が「Galaxy S10」の正式なデザインだとすれば「Galaxy S8」シリーズ以降代わり映えしないデザインとして「Galaxy S9」シリーズと同様に失敗に終わってしまう可能性が高いと考えることができます。先日の情報からも「Galaxy A8S」がミドルレンジモデルとして「infinity O」を採用する可能性が高いと予測されている以上、「Galaxy S10」も同様に採用する可能性が高いと考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧