• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • 「infinity O」は実際にはこんな感じに?「Galaxy S10」のコンセプト動画が公開にって話。

「infinity O」は実際にはこんな感じに?「Galaxy S10」のコンセプト動画が公開にって話。

先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズは、「3モデル」構成になる可能性が高いと予測されており、さらにこの「3モデル」に加えて「5G」に対応した特別モデルである「Beyond X」が存在していることが判明しており、この「Beyond X」は「Galaxy S10」シリーズの中でも段違いにハイスペックになる可能性が高いと予測されています。詳細は「「5G」に対応した特別モデルはまさに特別。「6.7インチ」のディスプレイに「6つ」のカメラを搭載にって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも「Galaxy S10」シリーズは、「infinity O」を採用する可能性が高いと予測されており、早くもレンダリング画像が公開されており、Samsungにとって最大のライバルである「Apple」の「iPhone XS Max」と比較したレンダリング画像も公開されています。詳細は「「iPhone XS Max」が時代遅れのデザインに。「Galaxy S10」の新たなレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

さて今回リーカーとして非常に定評のあるBenjamin Geskin氏が、自身のTwitterで「Galaxy S10」のコンセプト動画を公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


コンセプト動画が公開に。

さて今回公開されていた「Galaxy S10」のコンセプト動画が以下のようになります。

動画を見て頂くと非常にわかりやすいのですが、「infinity O」を採用した機種がどのようなインターフェイスになるのは確認しやすいです。「インカメラ」の部分のみが「ノッチ」スタイルとなっていますが、それでも「iPhone XS」や「Huawei Mate20 Pro」のような大型なノッチではなく、「Huawei Mate20」のような水滴型のノッチよりさらにコンパクトであるため、ほぼフルスクリーンデザインとして機能しています。

コンテンツ自体が対応しているかが大きな鍵となりますが、全画面表示にしてもノッチがきになることはほぼありません。また全画面表示でなくても、従来のベゼルレスデザインを採用した機種と同じく、画面いっぱい使って表示されていることを確認することができます。

「Galaxy」にとって、10周年の記念すべきモデルになると予測されている「Galaxy S10」シリーズですが、10周年にふさわしくフルモデルチェンジになると考えることができます。ただ先日の情報からも「infinity O」が最初に採用される機種は「ミドルレンジモデル」である「Galaxy A8S」になると予測されています。

なぜ新しいデザイン言語である「infinity O」を「ハイエンドモデル」より先に「ミドルレンジモデル」に採用するのか判然としません。それとも「Galaxy A8S」に採用することで、市場のリアクションを見るということなのでしょうか。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧