• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • 2018年今年最高のバッテリーを搭載した機種に「Huawei Mate20」が選ばれたって話。

2018年今年最高のバッテリーを搭載した機種に「Huawei Mate20」が選ばれたって話。

先日行われた人気アンケートの結果からも「Huawei Mate20 Pro」が最も「人気」を集めている一方で「Huawei Mate20 X」が最も「話題性」を集めていることが判明していますが、一方で、「Huawei Mate20」シリーズの中で最も人気がない機種が「Huawei Mate20」であることが明らかになっています。詳細は「今年最も話題性のある機種に。「Huawei Mate20 X」を1日だけ使ったので簡単にレビューしてみるって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、普遍モデルである「Huawei Mate20」は「Huawei Mate20 Pro」や「Huawei Mate20 X」より劣化したカメラや、唯一の「液晶」を搭載するなど、スペックが控えめである一方で、価格がそこまで安くないことからコストパフォーマンスが悪いとされていますが、「電池持ち」がいいことが判明しています。詳細は「「Xperia」の2大巨頭「XA2 Ultra」と「XZ1 Compact」を打ち破る刺客に。「Huawei Mate20」の電池持ちは驚異的にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、今年発売された「ハイエンドモデル」の中で、「Huawei Mate20」が最も「電池持ち」に優れた機種であることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。


最も優れた機種に。

 

さて同サイトが公開した、今年発売された「ハイエンドモデル」において「電池持ち」を比較した結果が上記の画像になります。あくまでもバッテリーテストを行うサイトによって、結果がまちまちなんですが、同サイトの結果からも、最も電池持ちが悪いのが「Xperia XZ3」であることを確認することができます。

決して「電池持ち」の評価が高くはない「Xperia XZ2」と比較しても「Xperia XZ3」はかなり電池持ちが悪いことを確認することができます。一方で最も「電池持ち」がいいのが「Huawei Mate20」、そして「iPhone XR」となっており、やはり上位を占めている機種は基本「液晶」を搭載していることを確認することができます。

ただ「有機ELディスプレイ」を搭載している「iPhone XS Max」も結構いい結果を出していることを確認することができます。単純に考えれば「有機ELディスプレイ」を搭載すると、「バックライト」が不要になることからも、消費電力効率が良くなると考えることができますが、実際には「液晶」のほうがまだまだ電池持ちがいいです。

それこそ「Xperia XZ3」は「有機ELディスプレイ」でかなりの高評価を獲得した反面、電池持ちがこれだけ悪いと実用性がかなり悪いとも判断することができます。また今回の画像には記載されていませんが、「Huawei Mate20 Pro」は「Huawei Mate20」よりより大型のバッテリーを搭載していますが、「有機ELディスプレイ」と表示解像度が「2K」に対応しているせいか電池持ちは悪いです。

近年のスマートフォンはどんどん高価格化していますが、実用性を考えると、「液晶」で本体価格が安いほうが、ユーザーにとってはかなりニーズがあると考えることができます。この点を考えると「Huawei Mate20」は今年ユーザー視点で最もニーズに答えている機種だと考えることができます。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧