• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 市場に革命を起こすようなデザインを採用に。SONYは次期「Xperia」で透過ディスプレイに折りたたみ式を採用かもって話。

市場に革命を起こすようなデザインを採用に。SONYは次期「Xperia」で透過ディスプレイに折りたたみ式を採用かもって話。

先日の情報からも、Samsungは先日開催された開発者会議において、折りたたみ式を採用した「Galaxy F」のプロトタイプらしき実機を披露しており、来年の初頭に正式に発表されると予測されている中、「Huawei」に関しても、「Huawei Mate X」の「プロトタイプ」が判明しているなど2019年は「折りたたみ式」を採用した機種が数多く登場する可能性が高いと予測されています。詳細は「折りたたみ式機種「Huawei Mate X」は「顔認証」に「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載かもって話。」をご参照下さい。

一方で、だいぶ前からの情報として、SONYも「折りたたみ式」を採用した機種の開発をしていると予測されており、さらに「折りたたみ式」の機種と関連性があるのか判然としませんが、「透過式ディスプレイ」を採用した機種の開発も行なっていることが判明しています。詳細は「世界最高峰のスペックを搭載へ。次期「Xperia」では折りたたみ式構造に「透過ディスプレイ」を採用かもって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、SONYが申請していた特許から、次期「Xperia」には「透過ディスプレイ」と「折りたたみ式」が採用されている可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


特許が判明に。

 

同サイトによれば、SONYはスマートフォンのサプライヤーとしては非常に優秀であるが、スマートフォンのベンダーとしてはその存在感が失いつつあるとした上で、SONYは来年革新的な技術を搭載した機種を発表する可能性があるとしています。

今回の情報によると、SONYは「透過式ディスプレイ」を採用した機種の特許を申請していたことが判明したとしており、上記の画像が今回判明した特許に添付されていた画像になります。今回の特許からも、6つの異なるモードで機能するように設定が可能になっていることが判明したとしており、フロントとバックの部分でそれぞれ「透明」「半透明」「不透明」にとそれぞれ設定が可能であるとしています。

また「透明」の設定はそれぞれが独立して機能するとしているので、「片面」では「透過」、もう片面で「不透明」になど、ユーザーの使い勝手に合わせて、自由に切り替えることが可能になっている可能性が高いと考えることができます。

少なくとも今回の特許が必ずしも製品化されるかは判然としない状況にあるとしながらも、SONYは他の企業に対して大きな遅れをとっている可能性は低いとしています。「Samsung」や「Huawei」、その他「LG」なども「折りたたみ式」を採用した機種を開発しているという情報はありますが、一方で「透過式ディスプレイ」を採用しているとの情報はありません。

仮に今回の特許通り、いち早く製品化できれば、まさに世界初の機能となり、SONYが「Xperia」を通して、世界で大躍進する大きなきっかけになる可能性が高いと判断することができます。「Xperia XZ4」に、この「折りたたみ式」を採用した機種と。来年はいろいろと楽しみですよね。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧