• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • イヤホンジャックが復活。「Xperia XZ4」の専用ケースが早くもリークしたって話。

イヤホンジャックが復活。「Xperia XZ4」の専用ケースが早くもリークしたって話。

先日の情報からも、次期「Xperia XZ4」のCADを基に作成されたレンダリング画像が公開されており、「Xperia XZ2」シリーズで初めて採用された「アンビエントフロー」が廃止となり、「Xperia XZ1」シリーズ以前まで採用されていた「オムニバランス」が復活し、事前情報通りフルモデルチェンジになる可能性が高いことが判明しています。詳細は「トリプルレンズカメラに「6.5インチ」の大型ディスプレイを搭載に。「Xperia XZ4」の超精細なレンダリング画像が公開にって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも次期「Xperia XZ4」は「トリプルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いと予測されており、詳細なスペックは判然としない状況にありますが、少なくともメインカメラは「4800万画素」に対応する可能性が高く、世界でもトップクラスのカメラを採用する可能性が高いと予測されています。詳細は「Huawei Mate20 Pro」以上のカメラを搭載に。次期「Xperia XZ4」は「4800万画素」に対応かもって話」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、次期「Xperia XZ4」の専用ケースがリークしたことが判明したと報告しており、デザインがより鮮明に判明したので簡単にまとめたいと思います。


専用ケースがリークに。

さて今回リークした次期「Xperia XZ4」の専用ケースが上記の画像になります。先日のレンダリング画像からも確認できるように、「トリプルレンズカメラ」を搭載することと、「側面」に「指紋認証」を搭載することを確認することができます。

ただ本体上下の部分に「イヤホンジャック」用の「穴」があいているようにも見えます。同サイトは、「マイク用」の穴だとしていますが、それにしても「穴」が大きいように感じます。どちらかは「イヤホンジャック」用の穴だとユーザーとしては非常に助かりますよね。一方で今回のケースをみると、背面は「アンビエントフロー」ほどではありませんが、側面部分にかけて多少湾曲していることを確認することができます。

「Xperia XZ1」シリーズまで採用されていた「ループサーフェイス」を採用しているんですかね。先日の情報からも次期「Xperia」には新素材が採用され、この新素材は「セラミック」の1種である可能性が高いと予測されています。詳細は「アビンエントフローの廃止はさらなる薄型・軽量化に貢献に。次期「Xperia XZ4」はさらにセラミックを採用で高級感が増すかもって話。」をご参照下さい。

このことからも、「ワイヤレス充電」は継続して採用している可能性が高いと判断することができます。「Xperia XZ4」のおおまかなスペックは判明していますが、詳細は判然としていません。同サイトによれば、SONYは次期「Xperia XZ4」で、トレンドの多くを採用し、より競争力を強化するとしています。スペックやデザインで、再びユーザーを興奮させてくれるような機種になるのが楽しみです。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧