• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • 正式発表前に「Huawei」自らお披露目。「Huawei Nova4」はやはりフルスクリーンデザインを採用にって話。

正式発表前に「Huawei」自らお披露目。「Huawei Nova4」はやはりフルスクリーンデザインを採用にって話。

先日Samsungが開催した開発者会議において、新しいデザイン言語を4つ発表し、そのうちの一つである「infinity O」ですが、「Galaxy S10」シリーズに採用される可能性が高いと予測されている一方で、「ミドルレンジモデル」である「Galaxy A8S」において最初に採用されると予測されています。ただ一方「infinity O」を採用して世界で最初に登場するのは「Huawei Nova4」になる可能性が高いと予測されています。詳細「」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、この「Huawei Nova 4」の「Huawei P20 Pro」と似たデザインを採用している可能性が高く、そして「Huawei P20 Pro」と同じトリプルレンズカメラを搭載する可能性が高く、さらに「Huawei P20 Pro」よりかなり控えめな価格設定になると予測されています。詳細は「」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Huawei」が自ら、中国のイベントにおいて「Huawei Nova 4」がお披露目をしたことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいとおもいます。


お披露目になった。

さて今回の情報によると、「Huawei」はスマートフォンのイベントに全く関係イベントにおいて「Huawei Nova 4」をお披露目をしたとしています。今回の情報では中国の歌手であるJack Yee氏の18歳の誕生日イベントにおいてお披露目になったとしており、上記の画像がその時の画像になります。

先日までの情報通り、「ピアス式」のノッチスタイルを採用しており、フルスクリーンデザインを採用していることを確認することができます。ただ、先日の情報からも、「Huawei Nova 4」のバックパネルをいまだ確認がとれていません。先日の情報通り「Huawei P20 Pro」と同じデザインを採用しているのでしょうか。

直近の情報によると「Huawei Nova 4」は「12月7日」に正式に発表されることが判明しており、中国市場においては発表直後に発売を開始する可能性が高いと予測されています。ただグローバルモデルの発表と発売は年明け以降になる可能性が高いとされています。

正直「Huawei」がなぜこのような機会で自らリークさせているのか判然としません。イベントでのサプライズより、あくまでもユーザーの興味を引き付けることのほうが優先ということでしょうか。まずは正式発表が楽しみですね。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧