• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • ミドルレンジモデルにも「infinity O」を採用に。「Galaxy S10」シリーズのデザインは特別感が欠けてしまうかもって話。

ミドルレンジモデルにも「infinity O」を採用に。「Galaxy S10」シリーズのデザインは特別感が欠けてしまうかもって話。

先日の情報からも、Samsungは次期「Galaxy S10」シリーズで、デザインにおける重要な変更を施していることを発言しており、さらに先日開催された開発者会議において、複数の新しいデザイン言語を発表しており、その一つである「infinity O」を採用している可能性が高いと予測されています。詳細は「フルスクリーンデザインをお預けに。「Galaxy S10」は「infinity 0」を採用かもって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、Samsungは次期「Galaxy S10」に採用するデザインにおいて、かなりの数のプロトタイプを作成していることが判明しており、長らく採用してきた「Edge」スタイルが「Galaxy S10」では採用されず、フラットディスプレイになる可能性があると大きく話題になっています。詳細は「「Edgeスタイル」不採用の可能性も。次期「Galaxy S10」シリーズのデザインが判明かもって話。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、次期「Galaxy S10」シリーズに採用されると予測されている「infinity O」を最初に採用するのは「ミドルレンジモデル」になる可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


ミドルレンジモデルが最初に。

 

さて10月にSamsungがその一部のみを公開した「Galaxy A8S」のティザー画像ですが、上記の画像のように、「infinity O」を採用していることを確認することができ、今思えば、「infinity O」が「11月」に正式発表される前に明らかになっていたと考えることができます。そして今回の情報によると、この「Galaxy A8S」のフロントパネルがリークしたとしており、その画像が以下のようになります。

ちなみにリークしている「Galaxy A8S」のスペックをまとめると以下のようになります。

Galaxy A8S スペック
ディスプレイ 有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ 5.9インチ
SoC snapdragon710
RAM 6GB
OS Android9.0
カメラ トリプルレンズカメラ
バッテリー 3000mAh

少なくとも「ミドルレンジ」モデルであることを確認することができます。今回の情報によると「Galaxy A8S」の発売時期に関しては言及していませんが、少なくとも、「infinity O」を採用した最初の機種になるとしています。先日までの情報によると、「ミドルレンジモデル」に対して「infinity V」や「infinity U」を採用する可能性が高いと予測されていました。詳細は「「Huawei Mate20」と同様のデザインを採用に。次期「Galaxy A」シリーズは「infinity U」を採用にって話。」をご参照下さい。

ただ今回の情報によると、「ミドルレンジモデル」である「Galaxy A8S」でさえ「infinity O」を採用することになります。こうなってくると、フラッグシップモデルである「Galaxy S10」シリーズのデザインがちょっと霞んでしまいますよね。ユーザーとしては正直「infinity O」の採用は「Galaxy S10」にしてほしいところです。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧