• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • SONYがモバイル市場で「Xperia XZ4」で生き残るために。「Xperia XZ3」をあとちょっと改良するだけって話。

SONYがモバイル市場で「Xperia XZ4」で生き残るために。「Xperia XZ3」をあとちょっと改良するだけって話。

先日の情報からも、来年の2月に開催が予定されている「MWC2019」において、SONYは「Xperia XZ4」を正式に発表する可能性が高いと予測されており、さらに事前情報からも予測されていましたが「コンパクト」モデルが「ミドルレンジモデル」の位置付けで「Xperia XZ4X」として発表される可能性が高いと予測されています。詳細は「SONYの新しい方向性に期待できない。MWC2019で「Xperia XZ4」と「Xperia XZ4X」を発表へって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、「Xperia XZ4」は、「Xperia XA3」や「Xperia XA3 Ultra」などと同様に「側面」に「指紋認証」を搭載する可能性が高い予測されていますが、完全に「側面」ではなく「背面」と「側面」の中間になる可能性が高いと予測されています。詳細は「デザインの刷新はならず。次期「Xperia XZ4」の「指紋認証」の搭載位置は背面湾曲部分にって話。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムESATOにおいて、次期「Xperia XZ4」でSONYが成功する方法は「Xperia XZ3」を少し改良するだけと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「Xperia XZ3」をちょっとだけ改良に。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

Who knows, with a new generation of OLED screens, which are winning praise all-round, if they address the FPS position and make the phones a bit slimmer, they could have a big win with the XZ4.

さて今回投稿されていた内容によると、次世代の「有機ELディスプレイ」を搭載すること。そして「指紋認証」の搭載位置を改善することが、次期「Xperia」で大きく成功するための条件だとしています。確かに「Xperia XZ3」の唯一の不満点としては「指紋認証」の搭載位置になります。

「Xperia XZ2」で「ハイエンドモデル」として初めて「背面」に「指紋認証」が搭載されましたが、「指紋認証」の搭載位置があまりにも低く批判の対象となっています。しかしながらSONYによると、アスペクト比をいくら変更したとはいえ、ディスプレイサイズが大型化したことからも、ユーザービリティを優先した上で片手モードの利用を想定した最適の搭載場所が現在の搭載場所となっています。詳細は「SONYの優しさが裏手に出てしまった。「Xperia XZ2」の指紋認証の位置が低いのは片手操作を優先するためって話。」をご参照下さい。

ただ残念なことに、「Xperia XZ3」でもこの搭載場所が改善されませんでした。正直「側面」に搭載せず、「背面」のままでもいいと思いますが、今回の投稿のように、もう少し高い位置に搭載してくれれば本当に不満がなくなります。

「有機ELディスプレイ」に関しては、正直これ以上何も望みませんってくらい完成度が高いです。今回の投稿を見る限り、逆に言えば「Xperia XZ3」の完成度が非常に高いと考えることができます。来年SONYがどのような答えをだすのか非常に楽しみですよね。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧