• HOME
  • ブログ
  • iPhone XR
  • 販売不調はまさに現実のものに。本日よりドコモオンラインショップにおいて「iPhone XR」が2万円で購入可能にって話。

販売不調はまさに現実のものに。本日よりドコモオンラインショップにおいて「iPhone XR」が2万円で購入可能にって話。

先日の情報からも、「iPhone XS」や「iPhone XS Max」と同様に、発売直後こそ品切れになったものの、すぐに在庫状況が安定した「iPhone XR」ですが、「SIMフリー」モデルだけではなく、「キャリアモデル」に関しても、大幅に在庫状況が改善していることが判明しています。詳細は「いよいよキャリアモデルも在庫が安定的に。「iPhone XR」の購入を考えている人は、ホリデーシーズン前に購入しようって話。」をご参照下さい。

一方で、「iPhone XR」は直近の「iPhone」の中でも「電池持ち」においてトップクラスの良さを誇っており、さらに、6色の本体カラーに「A12 Bionic」の搭載など、以前発売された「iPhone5c」の二の舞にはならないと予測されていましたが、実際のところは、「減産」を開始したことが報道されており、さらに今週には日本の大手キャリアが大幅値引きで販売を開始する可能性が高いと予測されています。

さて今回S-MAXクロポンモビによると、ドコモオンラインショップにおいて、「iPhone XR」の大幅な値引き後の価格が判明したと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


大幅な値引き販売に。

 

さて今回の情報によると、執筆時点では不確定な状況なのですが、本日より「ドコモオンラインショップ」において「iPhone XR」の値段が改正され以下のようになるとしています。

iPhone XR 現在の価格 改正後の価格
64GB 9万8496円(4104円×24回) 2万5920円(1080円×24回)
128GB 10万4976円(4374円×24回) 3万2400円(1350円×24回)
256GB 11万6640円(4860円×24回) 4万4064円(1836円×24回)

さて今回の情報によると、ドコモオンラインショップでこの価格になるためにはいくつかの条件があるとしています。まず「iPhoneデビュー割」と「オンラインショップ限定特典」の割引が加算されていることです。ドコモは「新規」と「MNP」向けのユーザー向けに、新たな「iPhoneデビュー割」を開始するとしており、まず「新規」もしくは「MNP」で購入した場合の特別割引になるとしています。

そして「オンラインショップ限定特典」が加算されているため、「ドコモオンラインショップ」で購入することが前提になります。また今回の「iPhone XR」の大幅値引きの根底は「iPhone XR」が「端末購入サポート」の対象機種になることから実現するとされています。つまり「端末購入サポート」の対象機種なので、最低12ヶ月は使用しないと、膨大な違約金が発生してしまいます。

そして「機種変更」の場合は「5万8968円(2457円x24回」の割引が適用になるとしています。先日の情報は、「Apple」自体がキャリアへ奨励金を払うことによって、大幅な値引きになるとしていることからも、「ドコモ」に限らず、「au」と「ソフトバンク」に関しても本体価格が改定される可能性があります。ただドコモのような、割引サポートを行なっていないので、下取りの金額を大幅にアップするということになるのでしょうか。

今年の新型「iPhone」の中で、その売上の過半数以上を占めると予測されていた「iPhone XR」ですが、見事までにその予測ははずれたことになります。また気になるのは「iPhone XR」は「減産」に「減産」を重ねている中、大幅な値引き販売によって、それなりの在庫を用意できるということなのか懸念されます。値下げしたけど、予約してもいつになっても入荷しないという状況も想像できます。気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧