• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 史上最高の本体価格になる可能性も。「Galaxy F」の本体価格は約「30万円」程度にって話。

史上最高の本体価格になる可能性も。「Galaxy F」の本体価格は約「30万円」程度にって話。

先日の情報からも、Samsungは開発者会議において、折りたたみ式を採用した機種である「Galaxy F」のプロトタイプをチラ見させており、事前情報と異なり、今年中の発表には至りませんでしたが、少なくとも来年の2月に開催が予定されているMWC2019において、正式発表される可能性がより高まったと考えることができます。詳細は「ついに「Galaxy F」をチラ見させた?Samsungが新しいUIである「infinity Flex」を発表したって話。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Galaxy F」は少なくとも「512GB」のストレージに対応する可能性が高く、さらに本体カラーは「ブラック」と「シルバー」の2色展開になると予測されている中、100万台以上の生産がされることが判明していることからも、グローバル展開になる可能性が高いと判断することができます。詳細は「グローバル」展開は確実か?「Galaxy F」は今後数カ月で「100万台」以上生産するって話。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、Samsungが来年の2月に正式発表が予測されている「Galaxy F」の本体価格が当初の予測を大きく上回り「30万円」程度になる可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「約30万円程度」になる可能性も。

 

さてだいぶ前からの情報として、折りたたみ式を採用した機種である「Galaxy F」の本体価格が「20万円」になると予測されていた中、今回の情報によると、インサイダーからの情報として、「Galaxy F」の本体価格は「$1925~$2565」程度になる可能性が高いと予測されています。このことからも、日本円で約「21万7400円〜28万9800円」程度になると考えることができます。

今回の情報では、なぜここまで高価格化するかに関しては言及しておらず、判然としない状況にあります。またこの「Galaxy F」に複数のモデルが存在するかどうかも判然としない状況にあります。ストレージが「512GB」で、本体価格が約「30万円」だったらさすがに高すぎですよね。

先日の情報からも「グローバル」展開である可能性が高く、「中国」や「韓国」そして「アメリカ」がメインの展開地域になると考えることができます。今回の情報では「イギリス」市場においても言及しており、「イギリス」を含めた「ヨーロッパ」地域においても展開されると予測することができます。

「Samsung」と同様に「huawei」も同様の端末を開発していることが判明していますが、少なくとも「Huawei」の機種に関しては本体価格に関する情報が全くない状態となっています。詳細は「折りたたみ式機種「Huawei Mate X」は「顔認証」に「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載かもって話。」をご参照下さい。

正直なところ日本で展開される可能性は非常に低いと考えることができ、同時期に発表される「Galaxy S10」シリーズがメインになると考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧