• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「iPhone X」を破格の条件で購入できるチャンスが再び。販売終了した「iPhone X」の生産が開始したって話。

「iPhone X」を破格の条件で購入できるチャンスが再び。販売終了した「iPhone X」の生産が開始したって話。

先日の情報からも、今年最も売れると予測されていた「iPhone XR」ですが、アナリストの予測を大きく裏切る結果となっており、早くも減産体制に移行しており、さらに先行して発売を開始した「iPhone XS」と「iPhone XS Max」に関しては、在庫状況が完全に安定しており、今後爆発的な需要を見込めないことが判明しています。詳細は「いよいよキャリアモデルも在庫が安定的に。「iPhone XR」の購入を考えている人は、ホリデーシーズン前に購入しようって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも「iPhone XS」や「iPhone XS Max」の登場によって、旧機種となった「iPhone X」ですが、ドコモオンラインショップにおいて、破格の価格で販売されているなど、終売が決定した「iPhone X」が叩き売りの状態になっていることが判明しています。詳細は「ドコモオンラインショップで大幅値引きに。「iPhone X」に「Xperia XZ1」が実質1万円で購入可能にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の売れ行き不振により、Appleは終売した「iPhone X」の生産を再び開始したと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


再び生産が開始に。

 

Appleは高価格化した「iPhone XS」と「iPhone XS Max」とは別に、よりリーズナブルな新型「iPhone XR」を用意し、価格においてもスペックにおいても豊富なラインナップを揃えて、売上を拡大しようとしましたが、現状のところ「iPhone XS」シリーズに加え、「iPhone XR」に関してもAppleの予測を大きく下回る結果となっています。

一方で今回の情報によると、Appleは「2017年」に発売された「iPhone X」の生産を開始するようにサプライヤーに指示をしたことが判明したとしています。先日のAppleのイベントにおいて、「iPhone X」は完全に終売する方向でしたが、Samsungとの「有機ELディスプレイ」の契約上の観点から、少しでも売上を確保できる「iPhone X」の生産を開始したとされています。

少なくとも「iPhone」に採用されている「有機ELディスプレイ」のサプライヤーである「Samsung」と「Apple」の間に契約が発生しており、どのくらいの枚数かは判然としませんが、このままいけば、Samsungに発注した「有機ELディスプレイ」が大量に余る可能性があると予測されています。このことからも、少しでも「有機ELディスプレイ」を消費するために、「iPhone X」の生産を再開したとされています。

またAppleにとってもメリットがあり、約1年前に発売された「iPhone X」だからこそ、部品のコストが下がっています。つまりより原価コストが低い状態で「iPhone X」を販売できることになります。ドコモオンラインショップにおいても、「iPhone X」は終売の流れになるかと思われていましたが、今後「予約」ができる状態であれば、少なくとも破格の価格で予約できると考えることができます。

「iPhone XS」や「iPhone XR」の価格含めて、今後キャリアのオンラインショップの動向を要チェックしたほうが無難だと考えることができます。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧