• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 過去最低の価格で販売中。「Expansys」で今はなき「iPhone SE」が「1万4000円」で購入可能にって話。

過去最低の価格で販売中。「Expansys」で今はなき「iPhone SE」が「1万4000円」で購入可能にって話。

今年の9月に発表された「iPhone XS」と「iPhone XS Max」そして「iPhone XR」の登場によって、Appleは「iPhone」のラインナップを見直し、「iPhone X」と「iPhone SE」が終売となりました。Appleの「iPhone」の中では唯一の「コンパクトハイエンドモデル」であったことからも非常に残念な声が多数あがりました。

一方で先日の情報からも海外のSIMフリーを専門に扱っている「Expansys」において、現在「ブラックフライデー」セールを行なっており、「Galaxy Note9」の「128GB」モデルや「iPhone XS Max」の「64GB」モデルが目玉商品としてほぼ半額で販売されることが判明しています。詳細は「「Galaxy Note9」も「iPhone XS Max」も「半額」で。「Expansys」が「ブラックフライデー」を開催中って話。」をご参照下さい。

さて今回「iPhone XS Max」や「Galaxy Note9」と同じく目玉商品の一つである「iPhone SE」がセールのタイミングになっているので簡単にまとめたいと思います。


目玉商品の一つ。

 

さて上記の画像がブラックフライデーの目玉商品の一つである「iPhone SE」のページになります。元の価格が「4万3400円」となっており、上記の画像からも「2万8945円」引きで「1万4555円」て購入が可能となっています。

「Expansys」の場合、本体価格が「7万円」以下の場合は、「送料」がかかり、さらに「消費税・関税」が加算されます。それでも実質価格は「1万7000円」程度で購入が可能です。いまや「iPhone SE」の新品を入手する方法はあまり選択肢はありません。また今回のように破格の価格なんて尚更ありえません。

執筆時点では「iPhone SE」が品切れとなっていますが、1時間ごとにリセットされていることを確認することができます。なので時間の切れ目が購入するチャンスになります。確実なことは言えませんが、「21時」の次は「22時」がチャンスになります。

少なくとも昼間販売されていた「Xiaomi Mi Band2」は「3~4時間」程度、リセットを繰り返しながら販売されていました。このことからもチャンスは何回かあると考えることができます。そしてもし入手できなくて、新品が欲しいのであればAmazonをチェックすることをおすすめします。

ご武運を祈ります。おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧