• HOME
  • ブログ
  • 2019
  • 「RAM」や「ROM」の増加は見込めない?次期「Xperia XZ4」でもRAM「6GB」ROM「64GB」以上は期待できないかもって話。

「RAM」や「ROM」の増加は見込めない?次期「Xperia XZ4」でもRAM「6GB」ROM「64GB」以上は期待できないかもって話。

先日の情報からも、かなり情報が錯綜していますが、次期「Xperia XZ4」では内部スペックが大幅に強化される可能性が高いと予測されており、他の「ハイエンドモデル」と遜色がない「RAM8GB/ROM256GB」に対応する可能性が高いと予測されています。詳細は、「ようやく足並みを揃えて。次期「Xperia XZ4」はRAM8GB/ROM256GBの最上位モデルが存在かもって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、そもそも次期「Xperia XZ4」については「名称」含めて何も決まっていない可能性が高いと予測されており、かなり情報が錯綜している「デザイン」に関しても、「アンビエントフロー」を採用するか否かは、SONYの開発の進捗具合で大きく変更される可能性があると予測されています。詳細は「アンビエントフローを採用するか否か。次期「Xperia XZ4」は開発の遅れから「アンビエントフロー」を継続採用するかもって話。」をご参照下さい。

さて今回リーカーとして非常に定評のあるZackbuks氏が中国の大手SNSサイトにおいて、次期「Xperia XZ4 premium」はメモリが増える可能性が低いと投稿していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


「メモリ」が強化されない可能性も。

 

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

按照索尼的尿性,下巴跟额头是少不了的了,双摄可能性也不大,在XZ4P上出现可能性高点,多种内存储存配置可能性更低了

今回の投稿によると、少なくとも次期「Xperia XZ4 premium」では、ベゼルがそこまで減少しないこと。そしてメモリやストレージが増加する可能性がかなり低くなったとしています。つまり先日までの情報では、ストレージが「128GB」や「256GB」に増強される可能性が高いとされていますが、今回の情報が正しければ、あまり期待するべきではないと考えることができます。

ただ「RAM」に関しては、少なくとも「6GB」になる可能性が高いと考えることができます。なぜなら先日の情報からも、「Xperia XA3」や「Xperia XA3 Ultra」など「ミドルレンジモデル」がRAM「6GB」に対応すること。そして、前モデルにあたる「Xperia XZ2 premium」がRAM「6GB」に対応しているからです。

先日の情報からも、「Xperia XZ1」や「Xperia XZ premium」への「Android9.0」の配信が遅れた理由の一つとして、RAM不足によるパフォーマンスの低下だとされています。詳細は「遅れをようやく取り戻して。「Xperia XZ premium」や「Xperia XZ1」に「android9.0」の配信が開始にって話。」をご参照下さい。

また「Xperia XZ3」と同じく、RAM「4GB」を搭載している「Google Pixel3」シリーズなども、RAM不足によりかなりの不具合が発生していることが判明しています。少なくとも「ハード」と「ソフト」を一連して開発している「Google」でさえ、トラブルを抱えていることを考えれば、少なくともRAM「6GB」以上にしないと、今後のアップデートを含めて、ユーザーにとって不安が残る形となります。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧