豊富なカラーバリエーションに。「Galaxy F」は「2色」展開「Galaxy S10」は「4色」展開にって話。

先日の情報からも、Samsungは来年の初頭に開催が予定されている「MWC2019」において、「Galaxy S10」シリーズに加え、先日ちょっとチラ見した「折りたたみ式」を採用した「Galaxy F」を正式に発表すると予測されています。詳細は「IFA2018のようにはいかない?Samsungは「MWC2019」で「Galaxy S10」を発表し、「Xperia XZ4」へ真っ向勝負へって話。」と「ついに「Galaxy F」をチラ見させた?Samsungが新しいUIである「infinity Flex」を発表したって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、「Galaxy S10」シリーズは、「5色」展開になる可能性が高いと予測されており、さらに「huawei P20 Pro」や「Huawei Mate20 Pro」のようにグラデーションカラーを採用する可能性が高いと予測されています。詳細は「「グラデーションカラー」も大きな特徴の一つに。「Galaxy S10」の一部スペックが判明にって話。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaによると、次期「Galaxy S10」シリーズと、折りたたみ式を採用した「Galaxy F」の本体カラーが判明したと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


本体カラーが判明に?

 

さて今回の情報によると、信頼できるソースからの情報として、「Galaxy S10」シリーズと「Galaxy F」について、一部のスペックが判明したとしています。まず「Galaxy S10」は、先日の情報からも、「3モデル」構成になる可能性が高く、一つは「エントリー」モデル、そして残り2つは「プレミアム」モデルになるとしています。詳細は「3モデル構成の「Galaxy S10」シリーズ。「Galaxy S10 Lite」は思ったよりスペックが控えめかもって話。」をご参照下さい。

そして本体カラーに関しては、「ブラック」「ホワイト」「グリーン」「イエロー」が採用される可能性が高いとしており、さらにこのうちいくつかのカラーは「グラデーションカラー」になる可能性が高いと予測しています。少なくとも、「グラデーションカラー」になる可能性は非常に高いと考えることができますが、一方で、「本体カラー」に関しては、「5色」展開になるとの情報もあり、地味に錯綜しています。詳細は「基調講演でヒントが?次期「Galaxy S10」シリーズは「5色」展開の可能性がって話。」をご参照下さい。

また先日の情報通り「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載する可能性が高く、「Galaxy S10 Lite」のみが「フラットディスプレイ」を搭載するなど、先日までの情報と一致しています。

一方で折りたたみ式を採用した「Galaxy F」は、ストレージが「512GB」になるなど先日の情報と一致しています。詳細は「ストレージ「512GB」に本体価格は「20万円」に。「Galaxy F」の一部スペックの詳細が判明にって話。」をご参照下さい。そして今回の情報で「本体カラー」が「ブラック」と「シルバー」の2色展開になる可能性が高いとしています。

少なくとも、「Galaxy F」は「グラデーションカラー」になることに言及していないことからも、「Galaxy S10」シリーズのみに採用されると考えることができます。Samsungが来年の初頭かなり豊富なラインナップを用意すると考えると非常に楽しみですよね。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧