• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • 「5G」に対応した特別モデルはまさに特別。「6.7インチ」のディスプレイに「6つ」のカメラを搭載にって話。

「5G」に対応した特別モデルはまさに特別。「6.7インチ」のディスプレイに「6つ」のカメラを搭載にって話。

先日の情報からも、Samsungは来年の「2月」に開催が予定されている「MWC2019」において、3モデル構成になった「Galaxy S10」シリーズを発表すると予測されています。詳細は「IFA2018のようにはいかない?Samsungは「MWC2019」で「Galaxy S10」を発表し、「Xperia XZ4」へ真っ向勝負へって話。」と「3モデル構成の「Galaxy S10」シリーズ。「Galaxy S10 Lite」は思ったよりスペックが控えめかもって話。」をご参照ください。

一方で、先日の情報からも、「Galaxy S10」シリーズの3モデルに加えて、「5G」に対応した「Galaxy S10+」の特別モデルが存在していると予測されており、販売地域は判然としないながらも、「アメリカ」や「韓国」そして「中国」では販売される可能性が高いことからも、「グローバル展開」である可能性が高いとされています。詳細は「Samsungにとって「Galaxy S10+」は特別な存在へ。次期「Galaxy S10」シリーズは4モデル構成にって話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、この「5G」に対応した「Galaxy S10」の特別モデルは、「スペック」に関しても「価格」に関しても特別になる可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


まさに特別な仕様に。

 

さて今回の情報によると、Samsungは「Galaxy S10」シリーズで丁度10周年の記念モデルになり、まさに10周年を祝うような特別モデルを用意している可能性が高いとしています。「Beyond X」呼ばれている「Galaxy S10」の「特別モデル」が存在しており、「5G」に対応するだけではなく、「6つ」のカメラを搭載している可能性が高いと考えることができます。

この「6つ」のカメラの具体的な詳細は判然としていませんが、少なくとも「デュアルレンズフロントカメラ」に、「クアッドレンズカメラ」の構成になると考えることができます。先日までの情報によると、「Galaxy S10+」は「トリプルレンズカメラ」が搭載されると予測されていましたが、この「Galaxy S10+」は通常モデルのことを指していると考えることができます。詳細は「やはり来年上期の大注目株に。「Galaxy S10」のトリプルレンズカメラの仕様が明らかにって話。」をご参照下さい。

また今回の情報によると、「Galaxy S10 Lite」と「Galaxy S10」は「5.8インチ」、そして「Galaxy S10+」は「6.4インチ」のディスプレイを搭載すると予測されていました。詳細は「本体が大幅に小型化する可能性も。「Galaxy S10」は「フルスクリーン」を採用でも「ディスプレイサイズ」が現状維持って話。」をご参照下さい。

しかしながらこの「Beyond X」は「6.7インチ」のディスプレイを搭載しているとしています。従来の情報では、「Galaxy S10+」に「5G」対応した特別モデルがあり、単純に「5G」に対応しているか否かの差だと考えられていましたが、今回の情報では、この特別モデルは全く別物だと考えたほうが無難です。そし何より価格に関しても「Galaxy」史上最も高価な機種になると予測されています。

Samsungにとって、まさに「10周年」を記念するのにふさわしい「特別」モデルになりそうです。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧