• HOME
  • ブログ
  • Galaxy S10
  • 新世代の「有機ELディスプレイ」を採用に。「Galaxy S10+」は「6.2インチ」の「ディスプレイ」を搭載にって話。

新世代の「有機ELディスプレイ」を採用に。「Galaxy S10+」は「6.2インチ」の「ディスプレイ」を搭載にって話。

先日の情報からも、Samsungは来年の初頭に開催が予定されている「MWC2019」において、「Galaxy S10」シリーズを正式に発表すると予測されており、さらに「5G」に対応した特別モデルが存在していると予測されていることからも、合計で「4モデル」構成になる可能性が高いと予測されています。詳細は「Samsungにとって「Galaxy S10+」は特別な存在へ。次期「Galaxy S10」シリーズは4モデル構成にって話。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、次期「Galaxy S10」シリーズは、現行の「Galaxy S9」シリーズと同じディスプレイサイズになる可能性が高いと予測されていることからも、「infinity O」を採用することで、本体サイズは、さらに小型化する可能性が高いと予測されています。詳細は「本体が大幅に小型化する可能性も。「Galaxy S10」は「フルスクリーン」を採用でも「ディスプレイサイズ」が現状維持って話。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Galaxy S10」シリーズは新世代の「有機ELディスプレイ」を搭載する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。


新世代の「有機ELディスプレイ」を。

さて今回Samsungは「有機ELディスプレイ」の材料のサプライヤーを変更を計画していることが判明し、このサプライヤーからの情報として、やはり事前情報通り、「Galaxy S10」シリーズは、「3モデル」構成となっており、「フラットスクリーン」を採用した「Galaxy S10 Lite」そして、従来の「Galaxy S9」シリーズの正当な進化系である「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」が存在しているとしています。

一部情報によれば、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」は従来と異なり「Edgeスタイル」不採用の可能性があると予測されていましたが、今回の情報では「曲面ディスプレイ」を搭載していると予測されていることからも「Edgeスタイル」を継続して採用する可能性が高いと判断することができます。詳細は「「Edgeスタイル」不採用の可能性も。次期「Galaxy S10」シリーズのデザインが判明かもって話。」をご参照下さい。

また今回の情報によると、「Galaxy S9」や「Galaxy S9+」に採用さている「M8」ではなく、改良型の「有機ELディスプレイ」である「M9」を採用するとしており、先日の情報からも、少なくとも「Android」機種の中では最も優れた「ディスプレイ」とされている「Galaxy Note9」以上の「ディスプレイ」を搭載することになります。詳細は「海外メディアのお墨付き。「Galaxy Note9」が今年発表された機種の中で最も優れた「ディスプレイ」を搭載にって話。」をご参照下さい。

少なくとも、「ディスプレイ」の品質に関しては、世界トップクラスのSamsungですが、次期「Galaxy」では、「デザイン」だけではなく、「ディスプレイ」においても大きく攻めてくると考えることができます。続報に期待しましょう。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧